So-net無料ブログ作成
注意したい単語・意外な意味 ブログトップ
前の30件 | -

キム・カーダシアンの「キモノ」騒動~逆のようで実は似ている appropriate と misappropriate [注意したい単語・意外な意味]

アメリカのタレント、キム・カーダシアンが補正下着の自主ブランドを「キモノ」 Kimono と名づけ、商標登録まで行ったことが物議を醸している。日本人あるいは日系と思われる人たちによる英文の抗議ツイートが多数発せられ、英語圏および日本のマスメディアでも取り上げられている。

続きを読む


タグ:日本文化
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

複数形の elections だからといって衆参同日選挙というわけではない [注意したい単語・意外な意味]

国内のある雑誌を読んでいたら、「トランプ米大統領が来日時に『貿易交渉は7月の日本の選挙の後まで待つ』とツイートした際、elections と複数形にしていた。安倍首相が衆参同日選挙に踏み切る意向を伝えたのでないか」という見方が出ていることを報じていた。

これを読んで、「あれ?単数だから参議院選挙だけ、複数なら衆議院選挙もいっしょになる、とは必ずしも言えないはずだが」といぶかしく思った。

続きを読む


タグ:日本の政治
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

opportunistic は「日和見」という訳でいいのか? [注意したい単語・意外な意味]

先週BBCのサイトを眺めていたら、トップページに載っている別々の記事の両方に「opportunistic な殺害」という表現が使われていた。まったくの偶然でおもしろいと思ったが、そのついでにこの単語について改めて考えてみた。

続きを読む


タグ:辞書
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ネイティブにとっても使い方がメンドウな単語 fulsome [注意したい単語・意外な意味]

トランプ政権にとっての地雷であるロシア疑惑の捜査が大詰めを迎えていることもあってか、米英メディアのサイトには関連の記事が目立つ。そのひとつで目にとまった fulsome という形容詞について書いてみたい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

皮肉や反語の thank you(トランプ、GMの国内事業縮小に怒る) [注意したい単語・意外な意味]

自動車メーカーGMがアメリカ国内での生産削減を決めたことに対して、トランプ大統領が「もう補助金は出さない」と息まいている。その怒りのツイートを材料に thank について短く書いてみたい。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

soul food は「ソウルフード」と同じなのか、それとも違うのか [注意したい単語・意外な意味]

「ソウルフード」というカタカナ語がある。先日ある会合に出たら、参加した英語のネイティブスピーカーに対して soul food を使った日本人がいて、そのやり取りをきっかけに考えたことがあるので、以下書いてみたい。

続きを読む


タグ:カタカナ語
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

succeed 必ずしも「成功」ならず (オウム麻原代表の死刑執行) [注意したい単語・意外な意味]

日本で生まれ日本語で育った以上、英語を多少がんばって学んだからといって、そうやすやすと母語を排除して”英語で考える”ことができるようになるわけではあるまい。先日、オウム真理教の麻原彰晃ら幹部の死刑が執行されたことを伝えるCNNの記事を読んでいて、あらためてそう思った。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「文字通り」でなくても使われる literally [注意したい単語・意外な意味]

このところ時間的な余裕がなく更新が滞ったままだが、そろそろ短くても何か書かねばと考えたので、literally を取り上げてみることにしよう。

きっかけは、以前書いた「『技術的に』ではない technically」というエントリに先日コメントをいただいたことだ。自分が昔書いたものを読み返していたら、同じように字義通りの意味から外れた使い方をする副詞の例として頭に浮かんだのである。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

leapfrog 「馬跳び」「(軍隊の)交互前進」 (ハインライン「宇宙の戦士」) [注意したい単語・意外な意味]

前回取り上げた frogmarch 「後ろ手に縛って連行する」からの連想で、leapfrog という単語について書いてみたい。字面通りだと「かえる跳び」という感じだが、そう考えていいだろうか。

続きを読む


タグ:翻訳・誤訳
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

pneumatic 「出るところが出ている」「豊満な」 (「プレイボーイ」の創業者ヒュー・ヘフナー死去) [注意したい単語・意外な意味]

このブログを始めて何回目かになる国政選挙が決まった。そうした際には選挙がらみの英語をよく取り上げたりしたが(→たとえばこちら)、もはやそうした表現には食指が動かず、きょうウェブの英文記事を見ていて目にとまったのは、Playboy 誌を作ったヒュー・ヘフナー死去の記事だった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

live and learn 「何事も経験だ」、および使用上の注意点 [注意したい単語・意外な意味]

「初めて直面する試練」を意味する baptism of fire という表現を前回紹介したが、これで連想したのが live and learn である。「生きて学ぶ」って何のことだ、と思うが、新しいことや意外なことを知って驚いた時に使う。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

existential threat 「死活問題の」「存亡にかかわる」 [注意したい単語・意外な意味]

少し前から読み進めているノンフィクションに existential threat という言葉が何度か出て来た。国際情勢に関する内容で、existential を辞書にあるような「実存(主義)の」という訳語で考えるとピンと来ない。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

arrest 「軍用機の空母へのワイヤー着艦」 (中国初の国産空母が進水) [注意したい単語・意外な意味]

前回は「航空母艦」と「角刈り」を指すスラング flat top を取り上げたが、時を同じくして、中国が初めての国産空母を進水させた。ということで、今回も空母をネタに、「逮捕」とは違う arrest の意味について書いてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

vintage Trump 「"トランプ節"全開」 「これぞトランプ」 [注意したい単語・意外な意味]

ワインやファッション、趣味性の高い製品に使われる「ビンテージ」だが、vintage は”年代もの”でなくても、また人についても使うことができる。先週行われたトランプ大統領の記者会見について読んでいたら、奇しくも複数の記事がこの単語を使っていたので、取り上げてみよう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「美」ではない、皮肉の beauty (トランプ、BBCにイヤ味) [注意したい単語・意外な意味]

この週末、オバマ氏の退任演説とトランプ氏の当選後初会見にネットで接した。練り込んだスピーチと即興の応答がある会見は単純には比較できないが、それでも2人のキャラやスタイル、さらに品格の違いが今さらながら印象的だった。

今回は後者から beauty について書いてみたい。単語自体は初歩の初歩だが、表面的な意味を捉えただけではダメということを思い知らされた実例があったからだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「賞」ではない award (国際仲裁裁判所、南シナ海での中国の主張を認めず) [注意したい単語・意外な意味]

award には「賞(を授与する)」のほか、「賠償金の額(を言い渡す)」という意味がある。それは知っていたが、ハーグの仲裁裁判所が南シナ海での中国の権益を認めなかったというニュースを読んでいたら、この単語が出てきた。「そうか、損害賠償だけでなく仲裁裁判にも使えるんだ」と、自分の不明を恥じた。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

get together romantically 「深い関係になる」 (刑事コロンボ「死者の身代金」) [注意したい単語・意外な意味]

久しぶりに往年の名作TVドラマ「刑事コロンボ」のエピソード「死者の身代金」 Ransom for a Dead Man を観た。そこに romantically という単語が出てきたが、「ロマンチック」という意味ではないので、ちょっとメモしておこう。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

half-moon 「爪半月(爪の根元の白い部分)」 [注意したい単語・意外な意味]

月は単体では the moon と定冠詞がつくが、「半月」「満月」といった形態を表すときには a half-moon, a full moon などと不定冠詞がつくと先日書いた。ついでに天体の月ではないが、half-moon が「爪のつけ根にある白いところ」を指すことを連想したので短く書いておきたい。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

revisit 「考え直す」「再検討する」 #2 (オバマ大統領が広島訪問へ) [注意したい単語・意外な意味]

数か月前に「再訪する」という意味ではない revisit について取り上げたが、このほどオバマ大統領の広島訪問決定を発表したアメリカ政府高官の言葉にもこの単語が使われていたので、短くメモしておきたい。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

be had 「だまされる」 [注意したい単語・意外な意味]

先日「手に入る」という意味の to be had について書いたが、I've been had. のような場合は「だまされる」ことを示す。これまた先日取り上げた fall for something が「(ウソなどに)だまされる」だったこともあり、似た意味の表現としてついでに短く書いておこう。

続きを読む


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

fall for ~ hook, line and sinker 「(異性に)首ったけ」「(ウソに)すっかりだまされる」 [注意したい単語・意外な意味]

今回も、このところ表現を拾っている犯罪ノンフィクション People Who Eat Darkness (邦題「黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」)から引用する。hook, line and sinker という表現を取り上げたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「スカート」ではない skirt [注意したい単語・意外な意味]

先日 rah-rah skirt という言葉を取り上げたが、最近読んだ犯罪ノンフィクション People Who Eat Darkness (邦題「黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」)に、ちょっと気をつけたい動詞の skirt の例があったので、メモしておこう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「再び訪れる」ではない revisit [注意したい単語・意外な意味]

先日取り上げた大ニュース「重力波の初観測に成功」についての英文記事に revisit という単語が使われていた。「再訪する」という訳語しか載せていない辞書もあるが、今回の記事に当てはまる別の意味もある。注意すべきではと思ったので少し書いてみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ミサイルと rocket は違うのか (北朝鮮が弾道ミサイル発射) [注意したい単語・意外な意味]

北朝鮮が発射したのは「ミサイル」なのか「ロケット」なのか。今回もまた、呼び方についての疑問・議論をネットで目にした。「海外メディアは“ミサイル”ではなく“ロケット”を使っている」というような指摘だが、日本語と英語を1対1で結びつけたことによるズレがあるのではないかと感じる。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

気をつけたい so-called 「いわゆる」の意外なニュアンス [注意したい単語・意外な意味]

このところ、疑念や皮肉を表す scare quotes や air quotes といったクォーテーションマークについて取り上げていて、so-called にも同じようなニュアンスがあると書いたが、こちらについてもう少し紹介しておこう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

satisfactory 「命に別状はない」 [注意したい単語・意外な意味]

satisfactory といえば、とりあえずは「満足のいく」「十分な」「まずまずの」などとして覚えておけば事足りるだろうが、前回「水陸両用車」を意味する duck を取り上げたのと同じ記事の中に、ちょっと目を引く使い方の実例があったので紹介したい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「侵略」と aggression と invasion ~安倍総理の「戦後70年談話」英語版を読む [注意したい単語・意外な意味]

この週末、首相官邸のホームページにある安倍総理の「戦後70年談話」を日本語と英語で読み比べてみた。

今回の「談話」は英語版が同時に公表されたとのことだが、日本のマスメディアも英語版を全文掲載したり、どのような英語表現が使われているかを記事にしたりと、対外発信に関心を持ったことがうかがえる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

mirror image の2つの意味 (アシモフ「ファウンデーション」) [注意したい単語・意外な意味]

前回取り上げた mirror から、mirror image という表現を連想した。文字通り「鏡像」ということだが、「鏡の像のように左右が逆になっている」点に焦点を当てるか、「鏡に映ったように同じ(似ている)」点に目を向けるかで、訳語も違ってくることになるだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「技術的に」ではない technically [注意したい単語・意外な意味]

かなり前に redshirt というアメリカ語を取り上げたことがある(→「やられ役」を英語で何という?)。SFテレビドラマ「スター・トレック」に由来する。ピンチの時に死ぬのは決まって保安部という部署(赤い制服)に所属する”その他大勢”の隊員で、レギュラー俳優陣が演じる上級士官は絶対に死なない。当然とはいえ理不尽なこの設定を利用した、その名も Redshirts というSF小説があり、先日読了した。

この作品に、「技術的に」と直訳しては意味をなさない technically の実例が複数出てきた。よく見聞きする使い方なのでご存知の方も多いだろうし、自分もこのブログですでに取り上げたと思っていたが、過去のエントリを検索したら記憶違いでそうではなかったので、今回の本をきっかけに書いてみよう。

Redshirts: A Novel with Three Codas

Redshirts: A Novel with Three Codas

  • 出版社/メーカー: Tor Books
  • 発売日: 2012/06/05
  • メディア: Kindle版

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の30件 | - 注意したい単語・意外な意味 ブログトップ
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...