So-net無料ブログ作成

英語の語順に従って読んでこそ味わえる面白さ [翻訳・誤訳]

前回取り上げた Parthian shot 「捨てゼリフ」で引用したシャーロック・ホームズの原作の一節を読んで、ちょっと考えたことがあるのでメモしておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

Parthian shot ~捨てゼリフ#2 (「緋色の研究」) [シャーロック・ホームズ]

少し前に parting shot 「捨てゼリフ」を取り上げた際、古代の国パルティアに関係ある Partian shot に由来するという説を紹介したが、こちらを使った実例を見つけたので書き留めておきたい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

anything but のあとの繰り返しを省略する言い方 (高橋留美子「めぞん一刻」) [文法・語法]

前回に続いて、高橋留美子の往年の名作「めぞん一刻」英語版から取り上げよう。anything but は、あとに続くべき言葉が直前に出ていれば繰り返しを避け、but で文が終わる形になることがある。その実例がこのコミックにあった。

続きを読む


タグ:日本文化
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

日本のマンガの英訳にシェイクスピアのセリフが使われていた (高橋留美子「めぞん一刻」) [英語文化のトリビア]

先日に続いて、高橋留美子の名作コミック「めぞん一刻」英語版で拾ったネタを取り上げよう。今回は、元の日本語と意図的に異なる英訳にすることで、文化的な違いを乗り越えようとしたと思われる例である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

sunset provision 「期日が来ると自動的に失効する規定」 (トランプ、イラン核合意から離脱) [辞書に載っていない表現]

前回に続いて、トランプ大統領のイラン核合意離脱表明から表現を取り上げたい。この中に、sunset provision という言葉が出てきた。”日没”条項とは一体なんだろうか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

on the cusp of 「移行期にある」「~しようとしている」 (トランプ、イラン核合意から離脱表明) [ニュースと英語]

今回は久しぶりにニュースの英語から。子どもにもわかるようなやさしい言葉を使うといわれるトランプ大統領だが、きょう行ったイラン核合意からの離脱表明には、やや難しげな on the cusp of という表現が出てきた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

stage whisper 「他人に聞こえるひそひそ話」 (高橋留美子「めぞん一刻」) [単語・表現]

多忙な状態が続いたあと連休は骨休めをして更新が滞ったままだが、「英語学習は継続が大切」と反省して小ネタを探して書いてみたい。前回も触れた高橋留美子の名作「めぞん一刻」英語版から、stage whisper という言葉を取り上げよう。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...