So-net無料ブログ作成

proportionate 「釣り合った」「見合う」 [ニュースと英語]

「トランプ大統領の英語はやさしく、中学生レベルだ」という声がある。確かにわかりやすい言葉が多いといえそうだが、だからといって難しめの単語をまったく使わないわけではない。先日、イラン情勢をめぐるNBCテレビでのインタビューには、そうした言葉が出てきた。

「イランとの戦争は望んでいない」としながらも、トランプ大統領は次のような発言をしてイランに脅しをかけていた。

- I’m not looking for war, and if there is it’ll be obliteration like you’ve never seen before.

この obliteration は動詞なら obliterate で、「抹消する」「殲滅する」「完全に破壊する」という物騒な意味だ。ロングマンの学習用辞典LDOCEは "destroy something completely so that nothing remains" と定義しているが、このような平易な言葉をトランプは使わなかったわけである。

なおこの単語は ob-(逆)+literate(文字を書く) ということだそうで、すなわち「文字を消す」、そこで「消し去る」となる、と考えれば、難しそうだが何とか覚えられそうだ。

トランプ大統領はもうひとつ、proportionate という形容詞をこのインタビューおよびツイートで使っていた。

アメリカの無人偵察機が撃墜されたことに対する報復攻撃を準備したが、それによってイラン側に150人の死者が出るという推定を軍から伝えられて「相手に与える人的損害が大きすぎる」と再考し、攻撃を思いとどまった。

- We were cocked & loaded to retaliate last night on 3 different sights when I asked, how many will die. 150 people, sir, was the answer from a General. 10 minutes before the strike I stopped it, not proportionate to shooting down an unmanned drone.
(ツイートより)

- I thought about it for a second and I said, you know what, they shot down an unmanned drone, plane, whatever you want to call it, and here we are sitting with a 150 dead people that would have taken place probably within a half an hour after I said go ahead. And I didn’t like it, I didn’t think, I didn’t think it was proportionate.
(インタビューより)

これは proportional と同じで「釣り合う」「見合う」ということだが、先の obliterate に比べれば字面からも意味が想像しやすい感じであり、難度はより下がるかもしれない。といっても(日本の)中学生レベルの単語だとまではいえないように思う。そこで今回はこちらの単語をタイトルにすることにした。

英語圏のオンライン辞書も「proportional を見よ」というようにしているものが目についたが、そうでないものから説明を引用しよう。

- 1 correct or appropriate in size, amount, or degree when considered in relation to something else
2 keeping the same relationship of size or amount to something else
Synonyms and related words
relevant, appropriate, applicable...
(Macmillan Dictionary)

反意語は disproportionate, disproportional となる。

これまで何度か書いたことがあるが、私は無条件に「知っている語彙、そして使える語彙は、多ければ多いほど良い」という主義だ。英会話のセンセイなどが「単語は少なくてもいい。それをどう使えるかの方が大切」と言っているようだが、それだと相手の英語を十分に理解できず、自分が使う英語も、いつまでたっても「お子様」レベルの域を出ない。

そう考えるようになった理由のひとつとして、使う人が限られるのではないかと思い込んでいた難しげな単語が、意外と普通に使われているのに何度か接したことがあるのだが、今回のトランプ大統領の言葉も、そんな例といえるかもしれない。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村←参加中です

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...