So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

whistle-stop campaign 「地方遊説」 (アメリカ中間選挙、投票日を迎える) [アメリカ政治]

アメリカはいよいよ中間選挙の投票日を迎えたが、トランプ大統領は直前まで地方での遊説に力を入れて共和党への支持を訴えた。これに関連して、whistle-stop という表現を取り上げてみよう。

こちらから信号を出して合図しないと列車が停まってくれない小さな駅、また、そうした駅があるような小さな街を意味する。

そこで whistle-stop campaign といえば、地方の小さな街をこまめに回って行う選挙運動を指す。

「ワシントン・ポスト」紙の直近の記事は、70年前にこうした選挙戦を行った民主党のトルーマン大統領をひきあいにして、トランプと今回の選挙を報じている。その一部を引用しよう。なお文中の playbook は「(事業や政治活動の)計画、戦略」と辞書にある。

- He (Trump) may travel by plane rather than train, but the president is drawing on the playbook of the man who became known for the “whistle-stop” campaign more than 70 years ago: Democrat Harry S. Truman.
("As Election Day nears, Trump borrows from Harry Truman’s playbook" The Washington Post Nov. 5, 2018)

campaign の他には tour がよく使われており、実例を見ると、訪問先は小さな街に限らず、異なった場所を次々に回る、というニュアンスで一般的に使われるようだ。下記の引用はポンペイオ国務長官のアジア歴訪に使われた例で、小国ではない中国が出てくる。

- Pompeo is on a whistle-stop tour around Asia mainly focused on North Korea’s nuclear program, but upon arrival in Beijing, the agenda swiftly pivoted to the burgeoning dispute between the world’s two biggest economies
("China tells Trump administration to stop its ‘misguided’ actions and allegations" The Washington Post Oct. 8, 2018)

実際、英語圏の学習辞典を見ると、「短期間にいろいろな場所を訪れること」に絞って定義していた。

- (only before noun) visiting a lot of different places in a very short time
go on a whistle-stop tour of Europe
politicians on a whistle-stop election campaign
(OALD)

その他の語義まで載せている辞書も参考までに引用しよう。

- noun
1. a. a minor railway station where trains stop only on signal
b. a small town having such a station
2. a. a brief appearance in a town, esp by a political candidate to make a speech, shake hands, etc
b. (as modifier) a whistle-stop tour

verb
3. (intransitive)
to campaign for office by visiting many small towns to give short speeches
(Collins English Dictionary)

長くなるので引用はしないが、World Wide Words という言葉についてのサイトに whistle-stop tour の項があり、由来やトルーマン大統領の逸話などが書かれている。それによると、この表現にある whistle は、停車を求める駅からの信号に「了解した」ことを伝えるため列車が鳴らす警笛のことだという。
http://www.worldwidewords.org/qa/qa-whi5.htm

この表現にふさわしくトルーマンは列車を使って遊説したそうだが、当時でもすでに移動手段は車(そして飛行機)が主流だったはずで、パフォーマンスの意味あいが相当あったのではないかと思う。いずれにせよそんな時代は過去のものとなり、トランプ大統領は飛行機で全米を文字通り飛び回ったが、さて選挙の結果はどうなるであろうか。

過去の参考記事:
「都落ち」の英語表現 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...