So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

sunset provision 「期日が来ると自動的に失効する規定」 (トランプ、イラン核合意から離脱) [辞書に載っていない表現]

前回に続いて、トランプ大統領のイラン核合意離脱表明から表現を取り上げたい。この中に、sunset provision という言葉が出てきた。”日没”条項とは一体なんだろうか。

演説の該当部分である。

- The agreement was so poorly negotiated that even if Iran fully complies, the regime can still be on the verge of a nuclear breakout in just a short period of time. The deal’s sunset provisions are totally unacceptable. If I allowed this deal to stand, there would soon be a nuclear arms race in the Middle East.
("Remarks by President Trump on the Joint Comprehensive Plan of Action" May 8, 2018)

さっそく調べてみたが、この言葉を収録している辞書は英語圏でもまだ少ないようだ。

- 期限条項、サンセット条項(計画・合意などが、特に延長しない限り、特定期日で自動的に失効することを記した条項)
(リーダーズ英和辞典)

「コリンズ」には sunset clause or sunset provision として、

- mainly US and Canadian
a provision of a law that it will automatically be terminated after a fixed period unless it is extended by law
(Collins English Dictionary)

オバマ前大統領のもとで2015年に成立したイラン核合意は、10年後、つまり2025年以降は段階的に解除されるという期限がついている。その後の縛りはないので、イランはやろうと思えば核開発を再開できることになるのだという。

こうした条項を設けることで何とか合意にこぎつけて緊張を緩和し、期限が迫ったら再交渉をすればよい、というのがオバマの考えだったのだろう。しかしトランプは、それではダメだと突っぱねたわけである。

それにしても今回の離脱表明は、イランの政権や言動について感情に訴える言葉のオンパレードだ。

malign, sinister, murderous, horrible, bloody, rotten, また a giant fiction, nuclear blackmail などと、拾い出すだけで疲れてくる。まさにトランプ流である。

sunset 関連の過去の記事:
ride off into the sunset 「ハッピーエンドで夕日に向かって走れ!」 (映画「ブレードランナー」)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...