So-net無料ブログ作成

shirt untucked over trousers 「ズボンから出したシャツ」「タックアウト」 [和英表現]

日本で起きた事件を取り上げた People Who Eat Darkness (邦題「黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」)からの実例を使って「スカートではない skirt」について先日書いたが、おもしろいことに skirt は shirt と共通の語源を持つ。同じ本に、シャツを「タックアウト」して着ることを表す表現があった。

失踪し、その後遺体で見つかったイギリス人女性 Lucie Blackman さんの事件と関わりがある人物が逮捕された。東京駐在特派員である著者は、大阪にある容疑者の実家を訪ねたが、お手伝いさんを名乗る女性がインターホン越しに応えただけだった。実は容疑者の母親だろうと著者は思ったものの、仕方なく帰ろうとすると、

- As I walked away, a man came out of the next-door gate. He was about fifty years old, wore a crumpled white shirt untucked over black trousers, and carried two plastic bags stuffed with rubbish or dirty laundry.
(People Who Eat Darkness by Richard Lloyd Parry)

隣の門から出てきたのはしわくちゃのワイシャツを着た五十がらみの男で、容疑者の弟だった。

「アウト」「タックアウト」はどうも和製英語らしく、また trousers (pants) は日本語では「ズボン」よりも「パンツ」というようになっているが、この男性については、こうした今風の言葉を使うより、「シャツのすそをズボンから出して着ていた」とした方がふさわしそうだ。いや、着こなしとして「出している」というより、むしろ「出ちゃっている」「出ているのを気にしない」という感じなのかもしれない。

untuck はもちろん un + tuck である。tuck は「ひだ」の意味の「タック(をつける)」のほか、「すそを折り返す、まくり上げる」、そして「すそをはさむ込み、押し込む」「タックイン」ということになる。

ネットを検索すると、untuck を含めいろいろ実例が見つかる。少し引用しよう。

- Here's one reason you shouldn't wear an untucked shirt to the office
(http://www.today.com/style/heres-one-reason-you-shouldnt-wear-untucked-shirt-office-t48946)

- Tuck it in or leave it loose? New research suggests men who tuck their shirts in make more money.
(ibid.)

- Undershirts should always be tucked into pants when worn as a layer under a button-down shirt.
(http://www.executivestyle.com.au/should-you-tuck-or-untuck-your-shirt-ghitf6)

Polo shirts have a flat bottom hem, meaning the can be worn untucked. If you're after a preppy look, tuck it in.
(ibid.)

- Whether for or against the tradition of shirt-tucking, the evolution of men's style proves it has good reason to stick around. So, get ready to tuck it (when you have to) and learn to master those occasions when it's OK to let it all hang out.
(ibid.)

熟年オヤジの私も、特に意識することもなく休日はフツーに「タックアウト」で街を歩いているが、私がうんと若かったころは、誰もがシャツをズボンから出して着ることはまずなかったはずだ。いつの間にそうなったのか、時代の変化が何となくおもしろい。

最後に、英語圏の辞書から今回の意味の tuck の説明を引用しておこう。

- [WITH OBJECT] Push, fold, or turn (the edges or ends of something, especially a garment or bedclothes) so as to hide them or hold them in place:
he tucked his shirt into his trousers
(Oxford Dictionaries)

過去の参考記事:
・stovepipe pants 「ぴっちりとしたズボン」
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20


People Who Eat Darkness: Murder, Grief and a Journey into Japan's Shadows

People Who Eat Darkness: Murder, Grief and a Journey into Japan's Shadows

  • 作者: Richard Lloyd Parry
  • 出版社/メーカー: Vintage Books
  • 発売日: 2012/03/05
  • メディア: ペーパーバック


黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実

黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実

  • 作者: リチャード ロイド パリー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:カタカナ語
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 2

Keeyo

いつも拝見し勉強させていただいております。

tuck in/into/underはなんとなく布の端を入れるイメージになりがちなのですが、体の一部もありですね。小説などで、膝を抱え込む、は見たような気がします。Randomにも、tuck one's knees under one's chin (腰を降ろして)あごの下にひざを抱え込む.ーがありました。Randomには、上記のほかに「with his feet tucked under him きちんと正座して」とありました。なんとなく「きちんと」はどうなんだろう、と思ったのですが、引用されているOxforにも”in place"とありますし、Collinsを見ると、If you tuck something somewhere, you put it there so that it is safe, comfortable, or neat. とありますから、「きちんと正座して」という意味になるのでしょうね。使われがちな「fold]より正座の場合「tuck」のほうが適しているのではないかと思いました。
本日もとても勉強になりました。
ありがとうございます。

ところで全然違う話で恐縮ですが、PBS Politics Mondayでthe prohibitive favorateという表現が使われていました。聞いているときに、ん?意味が通じない、と思って調べましたら、The prohibitive favorite is the person/team/racehorse that is so likely to win that others are discouraged from competing.
と、想像していたのと真逆の意味だったので、まだまだなぁ、と落ち込んだ次第です。


by Keeyo (2016-04-23 09:28) 

tempus fugit

Keeyoさん、詳しいご説明ありがとうございました。私こそ大いに勉強させていただきました。
by tempus fugit (2016-04-23 23:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...