So-net無料ブログ作成

「匂い」と「臭い」、および waft について [辞書・学習参考書]

前回に続いて、日本語にからんだ話を書くことにする。

ある大学のゼミ生たちが書いている英語学習のブログがある。私が知らなかった言葉や情報に接することがあり、学生さんの勉学ぶりも応援したく、時おり拝見している。

先日、そこで引用されていた英和辞典の記述を見て、「えっ?」と思ったことがあった。

waft という単語を取り上げたエントリだったが、最近出たばかりの「ジーニアス英和辞典」第5版から、次のような定義を引いていた。

- (空中・水上を)〈臭い・音・物など〉を〔…に〕漂わせる、ふわりと運ぶ

後に書店に寄ってこの辞書を見たら、確かにそう書かれていた。記事を担当した学生さんが転記する時にうっかりこのように写して(ワープロ変換して)しまったのかとも考えていたので、お詫びしたい気持ちである(学生さんごめんなさい!)。

個人的な考えだが、「臭い」は、どうもいただけない。

英語圏の辞書で waft を引くと、定義には smell, scent, odor といった単語が使われ、さらに特段の形容詞もついていないので、「におい」について使うときは、特に快・不快のどちらかに偏ったものではないらしいことがうかがえる。

- 不快なくさみには「臭」を使うが、「匂」でまかなうことも多い
(明鏡国語辞典 「におい」)

件の英和辞典は、この逆を行った形になってしまっている。

上記の定義は、私が電子辞書で使っている同じ出版社の「ジーニアス英和大辞典」とまったく同じである。ただし「大辞典」は、ひらがなの「におい」を使っている。

たった1字を浮かせるために漢字表記にしたのか(「第4版」以前はどうだったのだろう)、兄貴分の辞書と同じ順番ではあるが「臭い・音・物」となると見栄えもよろしくない。一瞬「くさい」と読みそうになり、「くさい音・物」のようにも見えてしまう、と考えるのは、私の方がおかしいだろうか。

書店や自宅で他の英和辞典を見たが、どれも「におい」または「匂い」(あるいは「香り」)としていて、「臭い」は見当たらなかった。

まあ、「臭」を使っても間違いとまではいえないのかもしれない。しかし私としてはやはり気になる。言葉に対して執筆者がきめ細やかな神経を通わせていないのでは、と思ってしまう。

「におい」は大和言葉だと思うが、日本人は同じ音に異なる漢字をあてて使い分けができるようにした。その感覚を大切にしたいと思う。実は以前から、不快でないものにも「臭い」を使っている例を見ることがあり、気になっていた(ついでだが同様に最近よく目にして気になるのが、「弱冠」を「若干」とする間違いである)。

現代の日本人は以前よりも「におい」に敏感になった、といわれているが、その表記には鈍感になっているのならば、ちょっと哀しい。年少時の早期英語教育を論じる際に、英語教育の専門家などから「英語よりもまず日本語」「母語こそ大切」という声を聞くが、外国語の専門家はぜひ自ら手本となっていただきたいと思う。

今回は自分の国語力を棚にあげて、多少生意気なことを書いてしまった。間違った理解・認識があったらご教示いただければ幸いである。

なお、今回言及した英和辞典は私自身は使っておらず、この辞書全体の評価や感想を意図したものではもちろんない。あくまで、瑣末な点ともいえるごく一部の表記について取り上げただけであることをお断りしたい。

おしまいに、waft の例文を手持ちのいくつかの辞書から引用しよう。まずは他動詞・自動詞について、

- The gentle breeze wafted the sound of music to our ears.
- The actress wafted kisses to her admirers in the audience. ファンに投げキスをする

- A sweet smell began to waft across the room.
- Delicious smells wafted up from the kitchen.
- The sound of laughter wafted through the open window.

また名詞として、「かすかに感じられる音」「漂う香り」「(風・煙・湯気などの)軽い流れ、一吹き」「ふわりとした動き」「つかの間の感じ」という意味が辞書に載っている。

- a waft of fresh air
- wafts of perfume
- a waft of joy つかの間の喜び

「岩波英和辞典」(この辞書については→「岩波英和辞典」の思い出 参照)を見たら、「一陣の風」とあった。味のある訳語だが、「一陣」とすると、風の速さや強さが心もち大きめに響くようにも感じる。

タグ:日本語
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...