So-net無料ブログ作成

gut 「骨抜きにする」 [和英表現]

英語の記事で最近たて続けに gut を目にしたので取り上げたい。「腸」「消化管」のほか、複数形で「実質」「内容」「要点」また「根性」「ガッツ」を指すが、そうしたものを取り除くということか、「中身をだめにする」「効果をなくす」という意味の動詞として使うことができる。

その実例が、前回の流れで集団的自衛権容認についてのニュースを読んでいて目にとまった。

- Some voters worry about entanglement in foreign wars and others are angry at what they see as a gutting of Article 9 by ignoring formal amendment procedures. The charter has never been revised since it was adopted after Japan's 1945 defeat.
("Japan takes historic step from post-war pacifism, OKs fighting for allies"
http://in.reuters.com/article/2014/07/01/japan-defense-idINKBN0F63MQ20140701 )

gutting と名詞の扱いにしているが、「憲法9条を骨抜きにする」ということになる。日本語では「骨」を抜くが、英語で抜くのは「はらわた」ということになる。

- 1. To remove the intestines or entrails of; eviscerate.
2. To extract essential or major parts of: gut a manuscript.
3. To destroy the interior of: Fire gutted the house.
4. To reduce or destroy the effectiveness of: A stipulation added at the last minute gutted the ordinance.
(American Heritage Dictionary)

ついでに和英辞典で「骨抜き」を引くと、ほかに emasculate, dilute, mutilate また上にある eviscerate, さらに water down, take the teeth out of といった表現があげられていた。

また、上記の定義 2. は、名詞の guts 「要点」「重要な部分」に意味的に対応しているものだろう。

ついでに動詞としては「むさぼり食う」という意味も辞書に載っている。「ガツガツ食う」とするとおやじギャグになるか。

それにしても、モノに抜いて「骨抜き」にしたり、逆に入れて「大食らい」したりと、視点がおもしろい形で変わる動詞である。

なお、上記ロイター通信の文では angry at a gutting of... ではなく、what they see as が入っていることに留意したい。個人の意見であれば前者でもいいが、ニュース記事ではこうしないと、あたかも記事の筆者がそうだと決めつけているようになり、客観性が保たれないことになる。

今回は硬い記事だったが、次回の gut はもう少し柔らかい内容のニュースから紹介しようと考えている。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 2

aki

実例がわかりやすかったです。
by aki (2014-07-05 17:10) 

tempus fugit

aki さん、ありがとうございました。
by tempus fugit (2014-07-07 00:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...