So-net無料ブログ作成

「はくしょん」と achoo [英語のトリビア]

sneeze や Bless you. から始めた連想、今回は余談気味の話である。くしゃみの擬音 onomatopoeia は英語では achoo となる(ahchoo など異なる綴りもある)。私には、くしゃみの音がどうしてこう聞えるのか不思議だ。どう聞いたって「ハクション!」じゃないか、と思う。道理でいつまでたっても英語がうまくならないわけだ。

"Star Trek the Next Generation" というアメリカのSFテレビドラマがあり、レギュラーの登場人物として人工頭脳を持つアンドロイドが出てくる。多くの点で生身の人間より優れているのだが、彼自身はより人間らしくなることが最大の願いだ。

あるエピソードに、このアンドロイドがくしゃみの練習をする場面が出てくるのだが、まさに文字から想像できるような発音で a-a-a-choo! と繰り返す。ネイティブにはあの音が「はくしょん」に聞えるのですかね。本当に不思議である。

面白いことに、辞書を見ると、この achoo, ahchoo は主に北米で使われ、イギリス英語では atishoo という綴りもあるようだ。sh の音がある分、こちらのほうがまだ「ハクション」に近いといっていいだろうか。

他の外国語で「はくしょん」や achoo をどういうのか比べてみるのも面白いだろう。そう思って、英単語を仏・独・伊・西・各語に訳すオンライン辞書を利用してみたが、さすがにこの単語の訳は出なかった。どんな擬音になっているのだろうか、ご存知の方がいらしたら教えたいただきたい。

ついでに書くと、sneeze は私にとって、せいぜい鼻をすする程度のイメージしか浮かばず、くしゃみの爆発的な感じを全然受けない。あくまで個人的な印象だが。

もうひとつ、sn- で始まる単語には鼻に関係するものが多いことはよく知られていると思う。かくいう私もとっさには出てくるわけではないので、辞書でひとつひとつ拾ってみるのもいい学習になりそうだ。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 4

たんご屋

実際に「はくしょん」というそのままの音でくしゃみをしているひとをわたしは見たことがありません。まあ、日本でくしゃみの音を「はくしょん」と書くのは、イヌの鳴き声を「ワン、ワン」というのと同じで、そういうお約束というか、記号みたいなものしょうからね。
by たんご屋 (2008-02-01 10:01) 

MOKO

こんにちは いつも興味深い記事を読ませて
いただいています。
イギリス英語でくしゃみのことを”atishoo "
と言うことを知った時、tissue paper の
ティシュという音と似ているのでくしゃみが
出た時に使う紙だからなのかな?
と思いました。(勝手な推測ですが...)
by MOKO (2008-02-01 16:20) 

子守男

たんご屋 さん、コメントありがとうございました。
くしゃみは「はくしょん」に決まっているじゃないか、というのはもちろん半分冗談です。でも、「はくしょん」と聞こえる音のくしゃみは、私は「聞いたことがある」と答えます。ま、音をどうとらえて表記するかによっているわけですが、やはり achoo は不思議です。
by 子守男 (2008-02-02 01:13) 

子守男

MOKO さん、コメントありがとうございました。tissue の連想は思い浮かびませんでした。面白いですね。
by 子守男 (2008-02-02 01:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...