So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
アメリカ政治 ブログトップ
前の30件 | -

unsubstantiated 「根拠のない」「証拠なしに」 (トランプ、「オバマが盗聴」と非難) [アメリカ政治]

日常的に英語を話しているわけではないこともあってか、「わかる言葉」と「使える言葉」に大差があるのは仕方がない。仕方がないが、やはりくやしい。トランプ大統領が証拠も示さずに「オバマ前大統領が盗聴をしていた」と非難したと日本のニュースで知ったあと、インターネットラジオの英語ニュースで unsubstantiated が使われていたのを耳にして、そんな思いを強くした。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

goose #2 「強める、高める」 (好評だったトランプ施政方針演説) [アメリカ政治]

トランプ氏の施政方針演説は「大統領らしい初めてのスピーチ」と評されるなど予想外?に抑えたトーンだった。ネットの関連記事を眺めていたら、そのひとつに前々回取り上げた goose が出てきた。気にとめたばかりの単語表現にすぐまた出会うという経験はこれまでも何度かあり、偶然とはいえおもしろいものだ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

トランプ大統領の「手の大きさ」や「握手」はなぜ注目を集めているのか [アメリカ政治]

前回は安倍・トランプ会談の photo op での「奇妙な握手」を取り上げたが、これにとどまらず、トランプ大統領の「握手」や「手」は、わけあって注目を集める話題となっている。今週初めにカナダのトルドー首相と会談したが、ごく一瞬をとらえた写真のカットまで格好のツイートの肴にされていた。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

トランプ大統領の根強い true believer 「熱狂的ファン」「盲信者」 [アメリカ政治]

前回はCNNに掲載された元フィラデルフィア市長のトランプ批判を取り上げたが、同じ記事で true believer という言葉が目にとまった。believer だけでも熱心さが充分伝わるのに、さらに true がつくと「盲信」「熱狂」さを帯びてくるようだ。おもしろいと思ったので短く書いておきたい。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

"alternative facts" ~ トランプ側近が使った「ウソ」の言い換え? [アメリカ政治]

トランプ新大統領の就任演説について何か書こうと思っていたら、彼の顧問が発した "alternative facts" という言葉が物議を醸していることを知った。「2016年の言葉」のひとつに選ばれ、私も先日取り上げた単語 post-truth 「事実の軽視」(→こちら)ともつながりがあるように感じられる。

続きを読む


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

flying blind 「何かに頼らずに行動する」 (トランプ氏、毎日のブリーフィングを断る) [アメリカ政治]

トランプ次期大統領で注目を集めているのは閣僚人事だが、あわせてニュースになっていたのが、情報機関による日々のブリーフィングを断っていることだ。これについてオバマ大統領が "flying blind" とコメントしていて、うまい言い方をするものだな、と思った。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

alt-right 「オルタナ右翼」とトランプ新政権 [アメリカ政治]

トランプ氏が予想外の支持を集め、さらには次期大統領に選ばれるに及んで動向が注目されているのが alt-right と呼ばれる差別主義的な新右翼だ。先ごろ発表されたオックスフォード辞典の「今年の言葉」選定の候補にもなった(最終的に1位にはならなかったが)。alt は alternative の略である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

lap dog 「他人にへつらう人」「おべっか使い」「腰巾着」 (トランプをマスコミは監視できるか) [アメリカ政治]

ヒラリー・クリントンと wonk という単語の関係について先日取り上げたが、そこで引用したコラムニストが書いた別の記事に、トランプ次期政権に対するマスメディアの役割について watchdog lapdog を対照的に使っていたくだりがあった。おもしろいと思ったのでメモしておこう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

wonk 「仕事の虫」「まじめ人間」「オタク」 (続・大統領になれなかったヒラリー) [アメリカ政治]

ヒラリー・クリントンについての英文記事を読んでいると、時おり wonk という単語を見ることがある。ドナルド・トランプにはあてはまりそうになく、彼が大統領に就任してもまずお目にかかれないだろうから、これが最後の機会と取り上げてみたい。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

A first name will suffice. 「ファーストネームだけでOK」 (大統領になれなかったヒラリー) [アメリカ政治]

Hillary Rodham Clinton は自分のふだんの名乗り方を何度か変えている。夫ビルとの結婚後もずっと「ヒラリー・ロダム」と旧姓のままで通していたが、ある時からこれに「クリントン」をつけるようになった。その後、今度は旧姓を抜いて「ヒラリー・クリントン」を使うようになった。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

"Love Trumps Hate" ~トランプ氏と動詞の trump [アメリカ政治]

英語では cards となるゲームの「トランプ」は trump から来たのではないかと思うが、こちらは「切り札」「奥の手(を出して勝つ)」、さらに「やっつける」という意味がある。綴りが同じなのでドナルド・トランプ氏にひっかけて使われることがあるのもうなずける。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

call 「(結果を)予測する」「判定する」 (”まさか”のトランプ当選) [アメリカ政治]

勤め先の学生アルバイト君の口調を借りれば「まじっすか?」と私もマジで言いたくなったアメリカ大統領選挙の結果である。トランプ候補の勝利を報じる米メディアも、客観性をかなぐり捨てて stunning とか shocking といった形容詞を躍らせていた。今年の国際ニュースでは Brexit に続く“番狂わせ“というべきだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Stop whining! 「泣き言をいうな!」 (トランプ候補をオバマ大統領が一喝」 [アメリカ政治]

「選挙戦で不正が行われている」と主張しているトランプ候補が、3回目の討論会で選挙結果を受け入れるか明言しなかったことについて先日取り上げたが、その後トランプ氏は「自分が勝ったら受け入れる」と述べ、またまた騒ぎのネタを提供している。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

keep in suspense 「気をもませる」「じりじりさせる」 (トランプ、選挙結果を受け入れるか明言せず) [アメリカ政治]

アメリカ大統領選挙の第3回ディベートは、日本では祝日にあたった前回と違って平日の日中、サラリーマンの私はリアルタイムで見ることはできなかったが、トランプ候補は来月の選挙での結果を受け入れるかどうか明言を拒み、またもや物議を醸しているようだ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

add insult to injury 「傷に塩を塗る」「追いうちをかける」「踏んだり蹴ったり」 (泥仕合と化したアメリカ大統領選) [アメリカ政治]

きのうは祝日だったので、自宅でアメリカ大統領選挙の第2回テレビ討論をインターネットラジオのライブで聞いた。本来なら候補者が政策論争を交わし有権者に訴える一騎打ちの場のはずだが、もう完全にショーと化してしまったなと感じた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ビル・クリントンのヒラリー援護インタビューをCBSが意図的編集? [アメリカ政治]

先日に続いて今回もヒラリーの体調不良問題を取り上げたい。夫で元大統領のビル・クリントンが「妻の健康に問題はない」とインタビューに答えた。ところがCBSは放送の際、ヒラリーに不利な印象を与えると受け取れるような言い間違いを編集でカットしていたことがわかり、一部のメディアで取り沙汰されている。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

buckle 「ひざがガクッと崩れる」 (続・ヒラリー・クリントンに健康不安説) [アメリカ政治]

911式典を体調不良で中座したヒラリー・クリントンについて先日書いたが、こうした記事で目についたもうひとつの単語が buckle である。「バックル」と日本語にもなっているが、「留め金(で締める)」のほか、「熱や力で曲がる」、さらに「ひざや脚の力が抜けて折れ曲がる」ことも表す。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ヒラリー・クリントン倒れる~ walking pneumonia とは [アメリカ政治]

ヒラリーが体調不良で911式典を途中退席した。日本のメディアの多くは「健康問題が浮上」という形で取り上げているようだ。確かにその通りなのだが、アメリカの報道をウェブで読むと、これとあわせて対応のまずさを指摘する記事も見られた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

それでもトランプが勝つこれだけの理由 ~ mojo 「他人をひきつける魔法のパワー」 [アメリカ政治]

アメリカ大統領選挙についてウェブをいろいろ見ていたら、お騒がせ映像作家のマイケル・ムーアが "5 reasons why Trump will win" という記事を書いていた。ユーモラスな語り口だが、もちろんムーアは反トランプ派だから、「トランプが絶対に勝つ5つの理由」というのは反語的な危機感の表明になっている。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ドナルド・トランプと pivot 「方針転換」「変節」 [アメリカ政治]

pivot は「軸」「回転する」を意味する単語だが、アメリカ大統領選挙のドナルド・トランプ候補にからんで最近よく使われているようだ。このところネットで見たトランプ氏関連の記事の大半で目にしたとの感もあるので、取り上げてみたい。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

First Gentleman? First Husband? ~ヒラリーが大統領になったらビル・クリントンは何と呼ばれるのか [アメリカ政治]

アメリカ初の女性大統領候補に指名され、その時点で”歴史を作った”といえるヒラリー・クリントン氏だが、ちょっと変化球の話題を取り上げたい。もし彼女が初の女性大統領に選ばれたら、夫であり元大統領であるビル・クリントン氏はどう呼べばいいのだろうか。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

imbroglio 「混乱、ごたごた」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [アメリカ政治]

先日同様、トランプ夫人のスピーチ盗作騒動を報じる記事で目にした単語について書きたい。imbroglio はスペリングや発音がおもしろいので取り上げたいと思ったのだが、「(出来事の)もつれ、紛糾」「(劇や小説の)複雑な筋」といった訳語が辞書に載っている。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

crib 「パクる」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [アメリカ政治]

お騒がせ候補のトランプ氏だが、次は夫人の番ということか、共和党大会で行ったスピーチに盗作疑惑が持ち上がり、その後スタッフが責任を認めた。それを伝える記事に「カンニングペーパー」 crib sheet で覚えた crib が使われていて、反射的に「パクる」という俗っぽい日本語が頭に浮かんだ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「次のアメリカ大統領になる女性は?」 (オバマ大統領のジョーク) [アメリカ政治]

先日 enabler を取り上げるのにあたってアメリカ大統領選挙の関連記事を調べていたら、オバマ大統領が語ったジョークを見つけたので、短くメモしておきたい。

続きを読む


タグ:オバマ
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

enabler 「結果的に悪い行いに手を貸してしまう人」 (トランプ、ヒラリーを攻撃) [アメリカ政治]

10年近く前に enabler について書いたので2度目のエントリになるが、アメリカ大統領選挙に立候補しているトランプ氏がヒラリー・クリントン氏についてこの単語を使ったという情報をコメントでいただいた。大統領選のニュースは最近フォローしていなかったので、調べてみた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

make inroads 「食い込む」「食い下がる」 [アメリカ政治]

先日ニュースを見ていたら、アメリカ大統領選挙に立候補している民主党のサンダース氏が "making inroads in Secretary Clinton's lead" と演説し、「クリントン氏に食い下がっている」という字幕スーパーが出ていた。なるほど「食い下がる」か、うまいもんだな、と思ったので、ちょっと書いておきたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

trash talk, talk trash 「毒舌(を吐く)」「こきおろす」 [アメリカ政治]

アメリカ大統領選挙にからんで先日 pit について書いた際に引用した文 trash-talking という単語があり、おもしろい言い方だなと思ったので取り上げたい。もちろん、口の悪いドナルド・トランプ候補を形容したものだ。trash talk で「挑発的な言葉(を使う)」という意味になる。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

pit Clinton against Trump 「A 対 B の闘い」 [アメリカ政治]

先日に続いてアメリカ大統領選挙の記事で目にした表現を取り上げよう。スーパーチューズデーは予想通りの結果ではあるが、やはりクリントン・トランプ両氏が制し、2人の対決がより現実味を帯びてきた。

2つのものを闘わせる・対抗させる、という場合に目にすることがあるのが pit である。短いし、語感もピっと締まっているので使いやすい単語なのではないだろうか。この動詞の後に against をはさんで人や事物を置いて対峙させる。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

"It's not brain surgery." というイディオムがベン・カーソン候補に使われると・・・ [アメリカ政治]

前回はアメリカ大統領選挙に立候補しているベン・カーソン氏について書いたが、氏は小児神経外科医だったこともあり、It's not brain surgery. という決まり文句がおもしろい形で使われているようなので、ついでに取り上げたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

rabid dog ~"お騒がせ"候補ベン・カーソン氏、難民問題を狂犬病にたとえる [アメリカ政治]

パリのテロ事件で、実行犯が難民を装って欧州入りした可能性が指摘され、複雑化している難民問題をさらにややこしくしそうだ。そんな中で、アメリカ大統領選挙で注目を集めるベン・カーソン氏が、「狂犬病の犬を避けるのと同じことだ」と述べたと報じられた。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の30件 | - アメリカ政治 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...