So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
ジャズ・クラシック ブログトップ

冨田勲さんを悼む (「月の光~ドビュッシーによるメルヘンの世界」) [ジャズ・クラシック]

「きょうの料理」「新日本紀行」のテーマ曲などで知られる冨田勲氏が死去した。日本の作曲家といえば武満徹氏が世界的に有名だろうが、私にとっては親しみのある数々の名曲を作った冨田氏の印象が強い。また「月の光」というアルバムはシンセサイザーを使った傑作で、今でもよく耳を傾けている。

月の光 - シンセサイザーによるメルヘンの世界(期間生産限定盤)

月の光 - シンセサイザーによるメルヘンの世界(期間生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD

続きを読む


タグ:訃報
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Alice in Wonderland (ビル・エヴァンス) [ジャズ・クラシック]


サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5

  • アーティスト: ビル・エヴァンス,スコット・ラファロ,ポール・モチアン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD


「不思議の国のアリス」について、ついでに短くもうひとつ。この作品の原題は Alice's Adventures in Wonderland だが、最新の映画のように、英語圏でもしばしば Alice in Wonderland と呼ばれるようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

「バッハの宮廷音楽」 [ジャズ・クラシック]

アンサンブル音楽の領域vol.3 バッハの宮廷音楽

アンサンブル音楽の領域vol.3 バッハの宮廷音楽

  • アーティスト: 武久源造,バッハ,砂山佳美,桐山建志,大西律子,西澤央子,上田美佐子,十代田光子,西澤誠治
  • 出版社/メーカー: ALM RECORDS
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: CD


人気作の「ブランデンブルク協奏曲第5番」と「管弦楽組曲第2番」を一緒に収めているので、初めは「今どき珍しい、売れ筋狙いのCDか」としか思わなかった。しかしカプリングの「音楽の捧げ物」(一部)がフォルテピアノによる演奏とあったので、俄然興味がわき購入した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ゆらこめ」 [ジャズ・クラシック]


ゆらこめ〈上〉―ゆらむぼのクラシック音楽CD評論集

ゆらこめ〈上〉―ゆらむぼのクラシック音楽CD評論集

  • 作者: 由良 博英
  • 出版社/メーカー: 神戸新聞総合出版センター
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本


クラシック音楽のCD評を綴った「ゆらむぼの部屋」というサイトがあった。ある日久しぶりに訪れたら、そこに書かれていたのは「ゆらむぼ」さんが急逝したという家族の方の文だった。

続きを読む


タグ:和書
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

アバドの「ブランデンブルク協奏曲」 [ジャズ・クラシック]

concerto を辞書で引くと、harmonize を意味するイタリア語に由来するとある。ソロ奏者が中心的存在となりがちな協奏曲だが、年末年始の休みに見た「ブランデンブルク協奏曲」の新しいDVDは、もともとの意味を思い起こさせてくれるような内容だった。


Brandenburg Concertos 1-6 (Ws Ac3) [DVD] [Import]

Brandenburg Concertos 1-6 (Ws Ac3) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Medici Arts
  • メディア: DVD

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」 [ジャズ・クラシック]

街を歩いていたら、この時期の定番の曲「そりすべり」 Sleigh Ride が聞こえてきた。今年もいよいよクリスマスなのだな、と思う。作曲した Leroy Anderson の名は誰もが知っているとはいえないだろうが、誰でも知っているであろう、親しみやすい数々の作品を生み出した。

続きを読む


タグ:クリスマス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ヒロシマ・レクイエム」(細川俊夫) [ジャズ・クラシック]

わけのわからない不協和音の嵐というイメージが抜けず、現代音楽はちゃんと聴いたことがない。例外としては、古楽のようなアルヴォ・ペルトの作品があるが、もっと「ゲンダイオンガク」風ながら、時々耳を傾けたくなるのが、国際的に活躍している作曲家、細川俊夫の「ヒロシマ・レクイエム」である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スクロヴァチェフスキのブラームス交響曲第2番 [ジャズ・クラシック]


ブラームス:交響曲第2番

ブラームス:交響曲第2番

  • アーティスト: ブラームス,メシアン,スクロヴァチェフスキ(スタニスラフ),読売日本交響楽団
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD

ブラームスの交響曲について人気投票をしたら、1番>4番>3番>2番の順となるのではないだろうか。私もかつてはこの順番だった。第2番を最初聴いた時は、「まあいい作品だが、他の3曲ほどではないな」と思っていたのが、今や「この曲が一番」となっている。こういうところもクラシック鑑賞の面白さではないだろうか。

この新譜CDは店頭で試聴できるようになっていたが、スクロヴァチェフスキだから、ではなく、ブラームスの2番だから、という理由でヘッドフォンを取った。しばらく聞いたら、なかなかいい演奏に感じられたので、SACDとのハイブリッドでちょっと価格は高いが、思い切って購入した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「生の喜び・死の芸術」 [ジャズ・クラシック]

BachPurcell.jpg

生の喜び・死の芸術~バッハ:カンタータ&パーセル:アンセム

  • アーティスト: ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,J.L.バッハ,パーセル,バルタザール=ノイマン・アンサンブル
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: CD

バッハとパーセルの声楽作品を収めたCDが新譜として店頭に並んでいた。収録曲の中にはバッハのカンタータ131番もある。指揮者がヘンゲルブロックと知り、期待とともにすぐに購入した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

バッハの「クリスマス・オラトリオ」 [ジャズ・クラシック]

バッハ:クリスマス・オラトリオ(全曲)

バッハ:クリスマス・オラトリオ(全曲)

  • アーティスト: アーノンクール(ニコラウス),バッハ,オルトナー(エルヴィン),ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/12/05
  • メディア: CD


今ごろクリスマスなんて、と思われるかもしれないが、もともとバッハのこの作品は、クリスマスから1月の初めまで休みをはさんで6回にわけて初演された。だから今回取り上げても許されるだろう。ということで、アーノンクールの新録音を聞いてみた。

続きを読む


タグ:クリスマス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鈴木雅明の「ミサ曲ロ短調」 [ジャズ・クラシック]

J.S. バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 [Hybrid SACD]  (J.S. Bach - Mass in B minor )

J.S. バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 [Hybrid SACD] (J.S. Bach - Mass in B minor )

  • アーティスト: キャロリン・サンプソン,レイチェル・ニコルズ(Sop),ロビン・ブレイズ(A),ゲルト・テュルク(Ten),ペーター・コーイ(Bs),J. S. バッハ,鈴木雅明,バッハ・コレギウム・ジャパン
  • 出版社/メーカー: BIS
  • 発売日: 2007/10/29
  • メディア: CD


音楽の専門知識がなく、キリスト教徒でもない私だが、バッハの「ミサ曲ロ短調」は、私の「無人島の一枚」の有力候補である。芸術が持つ力を感じずにはいられない、すばらしい作品だ。鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンの新録音が出たので聴いてみた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドビュッシーの「海」 [ジャズ・クラシック]


DeBussy: Orchl Works (LA Mer; Noctu

DeBussy: Orchl Works (LA Mer; Noctu

  • アーティスト: Claude Debussy,Pierre Boulez,New Philharmonia Orchestra
  • 出版社/メーカー: Sony BMG Europe
  • 発売日: 2006/11/06
  • メディア: CD

私は海が近いわけでも山が近いわけでもない、中途半端な都会の郊外に育ったが、両親が海辺の出身のせいか、DNA的には完全に海志向である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シベリウスの交響曲第5番(アシュケナージ) [ジャズ・クラシック]

シベリウス:交響曲第4番&第5番

シベリウス:交響曲第4番&第5番

  • アーティスト: アシュケナージ(ウラディーミル),シベリウス,ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2007/06/20
  • メディア: CD


前回 recapitulation という単語に音楽用語の「再現部」という意味があると書いたが、その流れで、最近聴いたクラシックのCDを取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「エチュード」(三浦友理枝) [ジャズ・クラシック]


エチュード

エチュード

  • アーティスト: 三浦友理枝,ショパン
  • 出版社/メーカー: エイベックス・クラシックス
  • 発売日: 2007/04/11
  • メディア: CD

ロマン派の情感豊かな作品や演奏を耳にすると、何だか聴いている自分の方が気恥ずかしくなってしまう歳になって久しい。そうでなくても、ショパンの作品は以前からそれほど好みではなかった。が、例外的に気に入っている曲が「練習曲集 op.10」の中にある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Handful of Soul (Mario Biondi) [ジャズ・クラシック]

最近聴いて「当たり」だったジャズ系のCDである。曲のノリ良し、声良し、バックの演奏も良し、部屋で聴くのもいいが、ドライブのお供にもぴったり、ボーカリストの風貌とアルバムの内容とのギャップもびっくりだった。

ハンドフル・オブ・ソウル

ハンドフル・オブ・ソウル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2007/07/25
  • メディア: CD

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ビル・エヴァンスの名盤 Waltz for Debby [ジャズ・クラシック]


ワルツ・フォー・デビイ+4

ワルツ・フォー・デビイ+4

  • アーティスト: ビル・エヴァンス,スコット・ラファロ,ポール・モチアン
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2004/09/22
  • メディア: CD

久しぶりに、ジャズ・ピアニスト Bill Evans のトリオによる「ワルツ・フォー・デビー」 Waltz for Debby を聴き、改めて心を奪われた。1961年にニューヨークのクラブで行われたライブ―gig という単語がある―を録音したもので、すでに揺ぎない評価を確立しているが、ふだんジャズを聴かない人でも気に入ってしまうだろうと思う名盤である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

グレン・グールドの映像版「ゴルトベルク変奏曲」 [ジャズ・クラシック]

Goldberg Variations [DVD]

Goldberg Variations [DVD]

  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • メディア: DVD

その昔、社会人になってほどなく出会ったのが、グレン・グールドというピアニストが弾いたバッハの「ゴルトベルク変奏曲」だ。ひょんなきっかけでこのCDを聴いて、一発で気に入ってしまった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽
ジャズ・クラシック ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...