So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

"the woman" をどう訳すか(「ボヘミアの醜聞」シャーロック・ホームズ) [シャーロック・ホームズ]

シャーロック・ホームズ譚について続ける。ホームズ物語の第1作は、これまでも何回か触れたことがある中編の「緋色の研究」 A Study in Scarlet だが、人気が出たのは、短編を雑誌に連載するようになってからだ。その短編第1作「ボヘミアの醜聞」 A Scandal in Bohemia は、次のような印象的な一文で始まる。

- To Sherlock Holmes she is always the woman.

続きを読む


「ワトソンの推理法修業」 [シャーロック・ホームズ]

このところ続けているシャーロック・ホームズ譚について今回もひとつ。コナン・ドイルが書いたホームズものの原典は "canon" 「正典」と呼ばれることは以前書いたが、前回触れたようなパスティーシュは「外典」 apocrypha とでも呼べるだろうか。

実はドイル本人が、canon に数えられていないホームズ物語の「番外編」を数編書いている。そのひとつ、"How Watson Learned the Trick" は、ごくごく短い作品だが、私のお気に入りだ。

続きを読む


シャーロック・ホームズの「公式続編」登場へ [シャーロック・ホームズ]

インターネットのサイトをあちこち見ていたら、偶然、シャーロック・ホームズ譚の「公式続編」がこの秋に出版されると知り、驚いた。「公式」というのは、"the Conan Doyle estate" が絡んでいるからだという。

続きを読む


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...