So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

"Now you see it, now you don't." [辞書に載っていない表現]

先日読んだ小説 "Rain Fall" に次のような言い回しが出てきた。以前も見たことがあり、一種のまとまった表現なのではないかと思える。

I realized, but somehow could not grasp, that Midori had already been made part of my past. It was like a magic trick. Now you see it; now you don't. Now it's real; now it's just a memory.

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

epithet [単語・表現]

最近読んだ "Rain Fall" から前回は moniker について取り上げたが、同じく「名前」「言葉」に関係する単語として epithet について短く書いてみたい。この小説では次のように使われていた。

The word mole felt unpleasant in my mouth. It is still one of the foulest epthets I know.

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

moniker [単語・表現]

久しぶりにエンタテインメント系の洋書を読んだ。作者 Barry Eisler は日本に滞在した経験があるというが、主人公は日本人とアメリカ人のハーフ、舞台は東京という設定に興味を持ち購入した。英語もそれほど難しくなく、あまり日数をかけずに読了した。

Rain Fall

Rain Fall

  • 作者: Barry Eisler
  • 出版社/メーカー: Penguin
  • 発売日: 2006/07/06
  • メディア: ペーパーバック

この "Rain Fall"、大傑作とまではいえないだろうが、最後まで面白く読め、ペーパーバックに挑戦したい人にはうってつけなのではないかと思う。「外国人の誤解に基づく奇妙な日本」といった要素もほとんど感じられないのがうれしい。

この本で目についた単語や表現をいくつか少し書いてみよう。今回は moniker である。これまで何度か出会ったことがある単語だが、なかなか自分からは出てこないし、語の響きも何となく面白いので取り上げてみたい。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...