So-net無料ブログ作成
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

live and learn 「何事も経験だ」、および使用上の注意点 [注意したい単語・意外な意味]

「初めて直面する試練」を意味する baptism of fire という表現を前回紹介したが、これで連想したのが live and learn である。「生きて学ぶ」って何のことだ、と思うが、新しいことや意外なことを知って驚いた時に使う。

英和辞典を見ると、やや直訳調の「生きるということは学ぶということだ」のほか、タイトルに使った「何事も経験だ」、また「生きているといろいろ勉強になる」「長生きはするものだ」といった訳語が載っている。

前回同様、手製の学習ノートに実例はメモしていなかったので、用例などを確かめようと英語圏の辞書を見ていたら、ちょっと面白いことに気づいた。

まず、

- used to express surprise at something new or unexpected you have been told
(OALD)

- Profit from experience, as in I ignored the garden book, planted my beans in March, and they all rotted—live and learn. [Second half of 1500s ]
(The American Heritage Idioms Dictionary)

- Cliché to increase one's knowledge by experience. (Usually said when one is surprised to learn something.)
I didn't know that snakes could swim. Well, live and learn!
John didn't know he should water his house-plants a little extra in the dry winter months. When they all died, he said, "Live and learn."
(McGraw-Hill Dictionary of American Idioms and Phrasal Verbs)

といった説明は、「なるほどそうか」と思うだけだが、

- Learn from experience and from your mistakes.
(The American Heritage New Dictionary of Cultural Literacy)

- An exhortation to gain knowledge from lived experiences. Commonly used after an accident or misfortune to indicate a moral lesson.
(Wiktionary)

- informal used to say that one has learned something from an experience that is surprising and usually unpleasant
I thought I could trust him, but I couldn't. Oh well, live and learn.
(Merriam-Webster.com)

といった記述もあった。つまり、どちらかといえば痛い経験やイヤなことを通じて何かを学んだ際にふさわしい表現であることになる。

そうであれば、学問などについて純粋に新しいことを学んで知の地平線が広がった、と喜ぶ場合に使うのは控えたほうがよさそうで、注意すべき点といえるだろう。英和辞典の訳語を読んだだけでは、こうしたことにはなかなか気づかない。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...