So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

ドナルド・トランプは元ミス・ユニバースを「ミス子豚」と呼んだのか [英語文化のトリビア]

アメリカ大統領選挙の候補者による第1回のディベートは、終わった直後こそどちらが優勢だったかメディアやネット調査によって見方が分れていたが、何日か経ってみると、「ヒラリー・クリントンが勝った」という論調が目立っているようである。

私は全体をじっくりと観る余裕がなかったが、マスメディアで取り上げられた内容に接した限りでは、確かにそうした印象を持った。

討論会の内容と直接の関係はないが、日本での報道でちょっと気になることがあった。「トランプは元ミス・ユニバースに暴言を吐いた」とクリントンが追及したことについてである。いくつかの記事から引用しよう。

- 米国大統領選のテレビ討論会で、クリントンはトランプがミスユニバースの女性を「子豚ちゃん」と呼んで侮辱したと攻撃。

- 1996年にミス・ユニバースに輝いたアリシア・マチャドさんを「子豚ちゃん」と呼んだことに触れ、「彼女は今、アメリカ市民。11月の選挙で1票を入れるでしょう」と述べた。

- 「トランプ氏は(受賞後に太った優勝者を)『ミス子豚』と呼んだ。中南米出身というだけで『ミス家政婦』と呼んだ。彼女にはきちんと名前がある」と暴露した。

- 当時の米メディアの報道によると、マチャドさんはミスに選ばれた後、体重が27キロ近くも増えた。主催者であるトランプ氏は怒って「ミス子豚」と呼んだり、中南米出身者であることを理由に「ミス家政婦」と揶揄したりしたという。

私はこの挿話を日本のメディアで知ったので、まず「ふうん」と思ったが、続いて、「子豚」のところは英語では何というのだろう、と考えた。もしかして「ミス・ピギー」ではないだろうか?

調べるとその通りだった。ウェブの記事を読むと、このあたりの実際のやりとりは次のようになっている。

- CLINTON: You know, he tried to switch from looks to stamina. But this is a man who has called women pigs, slobs and dogs, and someone who has said pregnancy is an inconvenience to employers, who has said...

TRUMP: I never said that. (中略)

CLINTON: And one of the worst things he said was about a woman in a beauty contest. He loves beauty contests, supporting them and hanging around them. And he called this woman "Miss Piggy." Then he called her "Miss Housekeeping," because she was Latina. Donald, she has a name.

TRUMP: Where did you find this? Where did you find this?

CLINTON: Her name is Alicia Machado.

TRUMP: Where did you find this?

CLINTON: And she has become a U.S. citizen (TRUMP: Oh, really?) and you can bet she's going to vote this November.

もちろんこれは音声からの書き起こしだから、クリントンが事前に作ったはずの草稿でも見ない限り、大文字・小文字の違いはわからない。しかし、ウェブで見た範囲では、どの記事も Piggy としているので、この音を聞いたアメリカ人はみな大文字だと受け取ったと考えて間違いあるまい。

そして大文字の Miss Piggy といえば、日本人でも知っている人がそれなりにいると思われるマペット作品のキャラクターだ。日本でもそのままカタカナで呼ばれている。「ウィキペディア」によれば、

- ミス・ピギー
ハリウッド女優のブタのマペット。
空手が得意で、男の人を投げ飛ばすこともできるほどである。
「ブロードウェイ」では、カーミットを追い続ける。マンハッタンメロディーズというミュージカルでは、ヒロインを演じる。(後略)

ミス・ピギーはある種かわいいキャラクターではあるが、直前に pigs, slobs, and dogs が並んでいる文脈から考えても、クリントンは当然、トランプが女性を蔑視していると批判するために使っている。その意味では、「ミス子豚」としようが「ミス・ピギー」としようが、本質的な違いがあるとはいえまい。

ただ英語を学んでいる者として気になったのは、「ミス・ピギー」としている日本のメディアが見た限りではなかったらしいことである。

このキャラクターになじみがない日本人がいるだろうと考えて、意図的に言い換えたのだろうか。しかし、「子豚」では普通名詞と受け取られ、キャラクターとのつながりがわからない。ちょっとした説明をつければ済むように思うのだが、スペースの関係で記事はなるべく短くする必要があるだろうし、アメリカの社会や文化の紹介が目的ではないので、仕方がないことかもしれない。

それでも、アメリカの大統領選挙について報じる人たちが揃いも揃ってミス・ピギーを知らないはずはないので、ひとつくらいこの表記を目にしてもよさそうなものだと思った。それとも、クリントンが使った Miss Piggy はキャラクターの「ミス・ピギー」のはずだという私の認識がそもそも間違っているのだろうか。ということで、記事を読みながらも大統領選挙とは関係のないことばかりが気になったニュースであった。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...