So-net無料ブログ作成
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

no-holds-barred 「徹底的な」「制限なしに」「何でもありの」 (新・刑事コロンボ「完全犯罪の誤算」) [刑事コロンボ]

"何でもランキング"投票サイト ranker.com の「TVドラマの名探偵」で、私のお気に入りであるコロンボ警部が2位になっていた(1位はカンバーバッチ版シャーロック・ホームズ)。番組が終わって久しいのに今も人気があるのはうれしいことだ。

その「刑事コロンボ」の作品のひとつ Agenda for Murder (邦題「完全犯罪の誤算」)を週末にDVDで観たが、これに出てきた表現 no-holds-barred を紹介しよう。ハイフンはつけない表記もある。

大統領選挙に出ようとしている人物が、ある下院議員に副大統領候補になってほしいと持ちかける場面である。

- I'd like you to start giving some serious thought to joining me in a most noble effort, that is, as my running mate in an all-out, no-holds-barred, winner-take-all race for the presidency of the United States.

下院議員も期待していた内容ではあろうが、単刀直入にではなく、文のはじめの方はちょっとじらすようにしてから肝心の話につなげているようにも聞こえ、意図的な言い方だとしたらおもしろい。

それはともかく、ここに並んでいる all-out, no-holds-barred, winner-take-all 「全面的な」「何の制限もない」「勝った者がすべてを独り占め」は、どれも熾烈な選挙戦を表すのにぴったりな言葉である。

辞書を見ると、no-holds-barred はレスリングの「ホールド」に由来するそうで、「禁じ手」なしにどんな技でも使っていいということから、「徹底した」「制限のない」というニュアンスが伝わってくる。英語圏の辞書の定義と例文で確かめてみよう。

- 1. (In wrestling) with no restrictions on the kinds of holds that are used.
1.1 Used to convey that no rules or restrictions apply in a conflict or dispute:
no-holds-barred military action
(Oxford Dictionaries)

- 1.(wrestling) Without restrictions on holds or what opponents may do.
a no holds barred match
2. (idiomatic) Without reserve; in an especially ruthless or vicious manner.
a no holds barred debating style
(Wiktionary)

- free from the usual limits or rules
<a no-holds-barred contest>
(Merriam-Webster's Online Dictionary)

- without any limits or controls:
Mr Nixon may well have had a no-holds-barred approach to dealing with political adversaries.
(Cambridge International Dictionary of Idioms)

ところで、いったん終了してから10年ほど経って再開した新シリーズ(邦題「新・刑事コロンボ」)は、旧作に及ばないと感じさせるエピソードが多いが、この Agenda for Murder はなかなか味わいのある秀作だと思う。

それに貢献していたのが犯人を演じたパトリック・マクグーハンで、旧シリーズの By Dawn's Early Light (邦題「祝砲の挽歌」)にも出演して印象深い作品にしていた(→ajar 「(ドアなどが)半開きで」)。

少し残念なのは、詳細は書けないがラストの決め手がやや弱いと感じることで、これで証拠になるのかと思ったが、調べてみると、実は犯罪関係の雑誌に載っていた実話に基づいたものだそうで、おもしろい。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 2

Kawada

tempus fugit様
このエピソードのもとになった事件の証拠として歯型がありますが、今は歯型は証拠としては弱く、指紋やDNA鑑定の方が有用だそうですね。
私も、このエピソードを吹き替えで高校生くらいで見ましたが、まさか歯型が証拠となるとは思いもよらなかった次第です。それに比べると、今の警察の捜査も変わったのですね。
http://d.hatena.ne.jp/A30/touch/20160215/1455523827
by Kawada (2016-02-20 18:39) 

tempus fugit

Kawadaさん、コメントありがとうございました。DNA鑑定も初期のころからずっと進歩していて、昔の鑑定では問題点も出てきていますね。
ご紹介いただいた記事には私もコメントさせていただきました。

by tempus fugit (2016-02-22 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...