So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

confirmed bachelor 「独身主義者」「ゲイ」 [単語・表現]

先日 mousetrap について書いた連想で、フレドリック・ブラウンの短編 The Star Mouse (邦題「星ねずみ」)を読んだ。おもしろいと思っていると最後にちょっと切なくなるSFだが、この中に confirmed bachelor という言葉が出てきた。

登場人物は、ロケットを作っているドイツ出身の科学者である。独身で、ひとりごとを言うくせがある。

- The Herr Professor, of course, had his mild eccentricities. A confirmed bachelor, he had no one to talk to except himself, but he considered himself an excellent conversationalist and held constant verbal communion with himself while he worked.
(Fredric Brown: The Star Mouse)

confirmed は「確認された」のほか、「常習的な」「病みつきの」「根の深い」「凝り固まった」という訳語が辞書に載っている。英語の辞書には

- (of person) firmly established in a particular habit, belief, or way of life and unlikely to change their ways.
(Oxford Dictionary of English)

という説明がある。

bachelor と組み合わせると、単に無色透明な「ひとりもの」というのではなく、結婚する気を示さない、結婚しようとしない、といったニュアンスが加わるように思える。

ただ、この2語の組み合わせは、作者ブラウンがたまたま使ったわけではないのでは、という気がした。

調べると、果たしてそうであった。confirmed bachelor でまとまった表現としてあげている辞書がいくつかある。

ブラウンの科学者は、やや変人が入った学者先生であるがゆえに独り者なのだろうが、逆に、プレイボーイ womanizer なので独身を謳歌している、という場合もあるだろう。

さらに、実はこの言葉にはもうひとつの意味合いがあることを英語圏の辞書が教えてくれた。私が持っている英和辞典にはいずれも載っていなかったものだ。

- a man who is not likely to get married, often used in newspapers to refer to a homosexual man
(Oxford Advanced Learner's Dictionary)

- Traditionally a man people never think will settle down or marry, who is too wild, or jaded against relationships (with males or females)
He's a confirmed bachelor; don't get your hopes up.

Polite euphemism for a gay man (from Victorian times, on the premise that such a man will never marry.)
You may be desperate to marry, but don't go after Dale; he's a confirmed bachelor.
(Urban Dictionary)

つまり「ホモ」「ゲイ」であることをほのめかす時にもこの言葉が使われる、というわけである。

なお、かつて受験勉強で bachelor と対になる女性向けの言葉として spinster を覚えた。基礎レベルの単語だろうが、それほど目にした記憶がないこともあり、あらためて辞書をひいたら「(婚期を過ぎた)独身女性、オールドミス、結婚しそうにない女性」 "an unmarried woman, typically an older woman beyond the usual age for marriage" "an unmarried woman, usually one who is no longer young and seems unlikely to marry" とあった。

先日は受験英語も大切だということを書いたが、一方で、単に訳語を1対1で覚えるのは(何も受験英語に限らないが)あぶないことになる。ここはやはり single などを使ったほうがよさそうだ。

参考記事:
better mousetrap 「もっと優れた製品」
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2013-02-21
mousetrap は本当に 「ネズミ捕り」?
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2013-02-23
続・「クジラの構文」の実例~007の原作より
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/2013-02-24

From These Ashes: The Complete Short Sf of Fredric Brown

From These Ashes: The Complete Short Sf of Fredric Brown

  • 作者: Fredric Brown
  • 出版社/メーカー: Nesfa Pr
  • 発売日: 2001/02/01
  • メディア: ハードカバー


タグ:SF
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...