So-net無料ブログ作成
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

辞書に載っていない three-dollar word [数にちなむ表現]

前回、もっとも長い単語 floccinaucinihilipilification を紹介した際の引用文に eight-dollar word という言葉があった。どの辞書を見ても載っていないが、どういう意味だろうか。

ハインラインの小説「人形つかい」の一節をもう一度引用してみよう。

- Digby was a floccinaucinihilipilificator at heart--which is an eight-dollar word meaning a joker who does not believe in anything he can't bite.
(Robert A. Heinlein: The Puppet Masters)

インターネットができて何がありがたいかといえば、よくわからない表現を調べるのがたやすくなったことだ。

検索すると、ネットの Yahoo! Answers に参考になりそうな記事があった。

http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090402213020AAqyzMs

Best Answer とされた回答によると、 使うと intelligent に聞こえる fancy な単語を three-dollar word というのだそうだ。そして、5ドル、10ドルと高くなるほどありがたみも増す、という。

ただ、別の回答者は、よく使うやさしい単語を three-dollar word、より綴りが長く難しい単語を eight-dollar word というと答えていて、考えに違いがある。

そこで、three-dollar word を検索してみた。ヒットした例を見ると、難しい単語を指して使われている例がほとんどのようである。

いずれにせよ、3ドルでも難しいのだから、8ドルする floccinaucinihilipilification は当然そうだということになるだろう。

three-dollar word や eight-dollar word は辞書に載っておらず、検索でヒットした数もそれほど多くない。少なくとも「人形つかい」が出版された60年前には後者は使われていたわけだが、どれくらい古く、どれくらい広く使われてきたのか、謎の表現である。

タグ:SF
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...