So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です

「緋色の研究」(あるいは「習作」)のこと [シャーロック・ホームズ]

前回、「エチュード」(練習曲)というCDを取り上げたが、フランス語に由来する etude と同じ意味を持つのが study だ。この単語は、美術の「習作」をも意味する。これで連想するのが、シャーロック・ホームズが初めて登場したコナン・ドイルの小説 "A Study in Scarlet" である。

この作品は、日本ではずっと「緋色の研究」として知られてきたが、原題の study は「習作」の意味で使われているという意見がある。「緋色の習作」というタイトルの訳も10年ほど前に出た。

殺人事件の現場を見たあとでホームズが、最初に現場に行ってみようと主張した友人のワトソンに感謝する言葉に、この題が出てくる。

I must thank you for it all. I might not have gone but for you, and so have missed the finest study I ever came across: a study in scarlet, eh? Why shouldn't we use a little art jargon.

ホームズ自身、"art jargon" と言っているから、「習作」という美術用語と考えるべきだ、というわけだ。

ただ、直前の the finest study は、「緋色の習作」の訳者も「研究対象」と訳しているし、他の所に出てくる "That's the result of all our Study in Scarlet." という言葉は「研究の成果」と訳した方が自然と思われる。こうしたことから、「習作」を作品全体のタイトルとする必要はない、という反論がある。

タイトルが意味するのは「研究」か「習作」か、をめぐっては、ネイティブスピーカーの間でも意見が分かれているということだ。study に両方の意味をかけたという見方もできるだろう。原作者は80年近く前に故人となっていて、確かめようがない。

断定ができないのだったら、言葉から受ける感じ、また慣用という点からも、邦題としては「緋色の研究」の方がいいと個人的には思っているが、今後どうなっていくのだろうか。

ちなみに、「緋色の探究」とした翻訳もかつてあったらしい。こちらの方がより幅広く意味を取れそうなので、邦題として定着していたら、あまり論議になることはなかったかもしれない。

さて、ドイルが著した長短編あわせて60作のホームズ物語は、現代に至るまで盛んに書かれているパロディやパスティーシュと区別するため、"canon" (正典)と呼ばれている。

その原典すべてを1冊に収めた Wordsworth 社版ホームズ全集は、電話帳のように分厚く字も小さいが、初出雑誌(「ストランド」)の連載をさし絵を含めてそのまま復刻したもので、非常に楽しめる。私は海外出張でロンドンを初めて訪れた時に、他の観光名所を差し置いてまずベーカー街221Bにある「ホームズ博物館」を訪れたが、そこでハードカバー版のこの全集を買った。今はペーパーバックの形で出版されているようだ。

ただ "A Study in Scarlet" については、ホームズ物語の「ストランド」誌連載が決まる前に単独に書かれた第1作なので、この Wordsworth 版は初版の復刻ではなく別途活字を組んだものだろう。そして、2部に分かれているこの作品のうち、なぜか冒頭の "Part 1" というタイトル表記が抜けてしまっている(Part 2 の表記はある)。

たいしたミスではないようだが、この Part 1 には、"Being a reprint from the reminiscences of John H. Watson MD, late of the Army Medical Department" (「元陸軍軍医、医学博士ジョン・H・ワトソンの回想録の一部の再録」)というサブタイトルがついていて、Wordsworth 版ではこれも抜けてしまっているので残念である。これぞ、一連の「ホームズ物語」の最初を飾るまとまった文言だからだ。

ここにある late of... は、名詞の後に置かれて、「最近まで~に所属・在住していた」という意味になるという。late というと、すぐに頭に浮かぶのは「遅れて」や「物故した」の方なので、一瞬とまどう。

またかつてのイギリスでは、実際には博士号を取得していないのに MD (Doctor of Medicine) という肩書きが使われることがしばしばあったという。ワトソンもそうだったという「研究」があることから、先の「緋色の習作」の訳者は、これを「医学士」と訳している。

小説中の人物についてこうした研究や論争を大真面目で行うところが、熱心な愛好家の凄いところだ。ちなみにホームズの熱心なファンを指すのに、Holmesian とか Sherlockian という単語もある。

参考記事:
「緋色の研究」の「タメ語の研究」
「緋色の研究」の新訳

Sherlock Holmes: The Complete Stories With Illustrations from the Strand Magazine

Sherlock Holmes: The Complete Stories With Illustrations from the Strand Magazine

  • 作者: Arthur Conan Sir Doyle
  • 出版社/メーカー: Wordsworth Editions Ltd
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: ペーパーバック

タグ:翻訳・誤訳
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(3) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 9

mamarimama

study (Eng.) - etude (Fr.) の関係などに見られる印欧語の特徴は興味深いです! 私はかつてその美しさに魅せられ、研究室で学べたらいいなぁと思ったことがありました。(思っただけでしたが…。)
strange (Eng.) - etrange (Fr.)
star (Eng.) - etoile (Fr.)
英語の st- がフランス語の et- に、また、スペイン語では est- (estudio, estrellaなど)のようになっていて面白いですよね。
by mamarimama (2007-06-20 09:39) 

子守男

mamarimama さん、コメントありがとうございました。
私も、昔フランス語をかじったことがあり、こうした関係を面白いと思いました。地がつながっているからこんな共通性がある、あるいは逆に、地がつながっているのにこんなにも違った言葉になる、ということに気づくと驚きますよね。
by 子守男 (2007-06-20 23:31) 

Chuck

May I ask you about the second cover of The Economist? What issue of which edition (North American, European, British, Asia-Pacific) is it?
by Chuck (2007-06-21 05:37) 

子守男

Chuck さん、お尋ねなのは、"By George!"と書かれた号(Nov 9th 2002)のことと思いますが、すでに手元にはなく、どの edition だったのかもわかりません(買ったのは国内の洋書取り扱い書店でした)。写真はeconomist.com のサイトの past covers/regional covers で調べて持ってきました。
by 子守男 (2007-06-21 23:33) 

Chuck

Thank you very much for your prompt reply. I have just read one of the leaders in this issue. It is titled "By George!: A great result for the president. Now to build on it." Needless to say, "A great result" refers to the Republicans' "historic victory" in the mid-term elections. OED says "by George" is "a mild oath or a mere exclamation" and used to be "before/fore/for George." I'm going to read related two articles: "On his high horse" and "Mission accomplished" in the same issue.
by Chuck (2007-06-22 06:52) 

ぐうたらぅ

「緋色の研究」について書いた私の記事をトラックバックしたつもりなのですが…失敗したかもしれません。私は、子守男さんが枠囲みで引用された部分が「エチュード」("a study in C minor"みたいな言い方のもじり?)で、art jargonのあとの糸かせのたとえが、この小説がまだ習作で「もつれた糸かせ」というタイトルだったときの名残で、文中のそのほかのstudyは「研究」という意味ではないのかなーと思いました。でもネイティブスピーカーの人でもわからないのですね。じゃあ好きなように信じればいいってことなのか…。
by ぐうたらぅ (2007-06-25 22:31) 

子守男

ぐうたらぅさん、ありがとうございました。
トラックバックは、最近スパムっぽいのが来るようになったので、いったん保留した上で公開する設定にしたばかりでした。ご迷惑をおかけしました(トップページにその旨を明示することにします)。
「もつれた糸かせ」の部分は、長くなるかと思って引用しなかったのですが、結構重要な意味を持っているのかもしれませんね。
by 子守男 (2007-06-25 22:52) 

Opus 0

1970年代に初めて渡仏した時、書店で、Une étude en rougeを見つけて、何のことかすぐにわかりましたが、その時同時に私の脳裏に浮かんだのは、壁にかかった赤い色調の習作でした。
フランス語は美術関係で学ぶことが多かったからでしょうね。
外国語をかなり学んだ人は皆そうですが、英語、フランス語、日本語はそれぞれ別々のところにあるようなので、日本語英語双方で読んだことはあったのに、邦題のことはかえりみませんでした。
あとで最初に原文で読んだ時にどう思ってたか? を思い出そうとしましたが、思い出せませんでした。
おそらく単にStudyととらえていたのでしょう。
しかし、これ以降は原題からも壁にかかった赤い習作しか浮かばなくなりました。
by Opus 0 (2016-05-31 09:57) 

tempus fugit

Opus 0さん、なるほどフランス語だと、いかにも美術、という感じがしますね。興味深い視点ありがとうございました。
by tempus fugit (2016-06-01 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 3

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...