So-net無料ブログ作成
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
前の20件 | -

hole in the wall (続き)~パスタのチェーン店とシェイクスピア [英語文化のトリビア]

前回 hole in the wall 「パッとしない場末の店」を取りあげた際、この表現を知るきっかけとなったのは、パスタの某チェーン店の名前と何か関係があるのだろうかと思ったことだと書いた。

しかし、店としてふさわしくないような意味を持つ言葉をわざわざ店名に選ぶとは考えにくい。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

hole in the wall 「場末のパッとしない店」 [単語・表現]

このところ wall を使った表現について書いている流れでもうひとつ。hole in the wall は、「へんぴな所にある狭苦しい家・薄汚い店」を指す言葉である。

何かの英文を読んでいて出てきたので覚えたのではない。きっかけとなったのは、この英語を直訳したような名前のスパゲッティのチェーン店である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

break the fourth wall 「登場人物が観客に語りかける」 (007「ネバーセイ・ネバーアゲイン」) [数にちなむ表現]

前回書いた a fly on the wall とは似て非なる表現として頭に浮かんだのが、演劇や映画などで使われる break the fourth wall である。「第4の壁を破る」ということだが、そもそも”4番目の壁”とは何のことだろうか、それがわからないと見当のつけようがない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

a fly on the wall 「誰にも気づかれずにこっそり見聞きしている」 [英語文化のトリビア]

先日取り上げた fly 「計画がうまくいく」からの連想で、同じ単語が使われた (to be a) fly on the wall という表現を紹介したい。「壁のハエ」とは何のことかと思うが、「他人に気づかれない形で観察している・聞き耳を立てている人」という意味である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

flop 「(作品や案が)うまくいかない」「コケる」「ポシャる」 [単語・表現]

前回、「うまくいく」を指す fly について書いたが、似たような響きで反対の意味の単語があったはず、と思い当たった。しかしトシのせいか出てこないので調べてみて、flop であることを再確認した。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

fly 「(案や計画が)うまくいく」「ものになる」 (映画「ブレードランナー」) [映画・ドラマと英語]

引き続き、映画「ブレードランナー」メイキング本の最新改訂版で目にとまった英語表現を紹介したい。fly には「(計画などが)成功する」「(考えなどが)受け入れられる」という意味があり、主演のハリソン・フォードが著者とのインタビューで使っていた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

make (romantic) overtures 「口説く」「言い寄る」 (映画「ブレードランナー」) [映画・ドラマと英語]

引き続き、SF映画の金字塔「ブレードランナー」のメイキング本から拾った表現を取り上げる。私は overture という単語をまず「序曲」の意味で覚え、複数形で「打診、申し入れ」となることを後に知ったが、今回読んだ本には、後者を男女関係に使った場合の実例が出てきた。

続きを読む


タグ:SF
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

I knew that he knew that I knew that... 「お互い相手のハラは読めていた」(映画「ブレードランナー」) [映画・ドラマと英語]

前回に続いて、SF映画の名作「ブレードランナー」の製作舞台裏を描いたメイキング本で目にとまった英語を取り上げよう。中学校で習う平易な単語が使われた I knew that he knew that I knew that he knew that. である。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ride off into the sunset 「ハッピーエンドで夕日に向かって走れ!」 (映画「ブレードランナー」) [映画・ドラマと英語]

ハリソン・フォードが主演した「ブレードランナー」はSF映画の金字塔として名高い作品で、前に書いたことがあるように、私も35年前の公開時以来何度も観ている。その製作舞台裏を描いた本 Future Noir: The Making of Blade Runner を読み終わった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

tell-all, exposé 「すっぱ抜き」「暴露もの」 (トランプの暴露本が話題に) [ニュースと英語]

トランプ政権の暴露本が出版され、あっという間に売り切れとなって話題を呼んだ。これについて報じる英文記事を読んでいて目につくのが tell-all exposé という単語だ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

2017年の英単語大賞は「フェイクニュース」 (fake news) [Word of the Year]

英語に関係する団体がそれぞれ選んでいる "Word of the Year" は毎年この時期の私の愉しみだが、注目度の高い「アメリカ英語学会」の選定が先日発表された。大賞になったのは、やはりというべきか、fake news だった。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

woulda, coulda, shoulda 「今さらウダウダ、グダグダ言っても…」 [辞書に載っていない表現]

前回は to が発音の影響で a になってしまうことについて英語の歌を例にして書いたが、連想で woulda, coulda, shoulda という表現を取り上げたい。3つの助動詞のあとの -a は have が変化したもので、would have などのいわば短縮形だ。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「カモナ マイハウス」~不定冠詞ではない a [音楽と英語]

若い時から音楽好きだったとはいえトシには逆らえず、今の若年層のヒット曲や歌手・グループに不案内なのは仕方がない。Hey!Say!Jump も名前を聞いたことがあるだけだが、今年の紅白歌合戦で歌う曲が Come On A My House と書かれているのが目にとまった。

続きを読む


タグ:文法・語法
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

mistletoe 「(クリスマスで使われる)ヤドリギ」 [英語文化のトリビア]

毎年この時期にはクリスマスがらみの話を書くようにしているので短くひとつ。典型的な日本人学習者である私は目で覚えた英単語が多いが、mistletoe はその昔、高校生の時にFEN(現AFN)で耳にして知った。英語なのに一瞬「味噌トウ」っていったい何だ、と思ってしまった。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

感動的だったサーロー節子さんのノーベル平和賞授賞式演説 [ニュースと英語]

師走を迎えて公私ともに慌ただしく英語学習も疎かになっているが、先日行われたノーベル平和賞授賞式についての記事を読み、被爆者の Setsuko Thurlow さんが行った演説に興味を抱いた。そしてウェブの動画を視聴したところ、思わず涙腺が緩んでしまった。

続きを読む


タグ:ヒロシマ
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

「わずか20秒の列車早発で謝罪」の海外報道に思うこと [ニュースと英語]

先週ある鉄道会社が、定刻より20秒早く列車が発車したことを謝罪したところ、外国メディアが驚きをもって伝え、それを日本のメディアが「海外で話題になっている」と”逆輸入”して報じた。関連する記事をいくつか読んだが、見過ごされたのではと感じたことがあるので、少し書いてみたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

liberal 「気前のいい」「ケチケチしない」「たくさんの」 (カズオ・イシグロ 「日の名残り」) [読書と英語]

先日に続いて、ノーベル賞作家カズオ・イシグロの代表作 The Remains of the Day で実例を拾った単語について書く。liberal は政治や主義主張についてよく使われるが、人や物を形容して「惜しみない」といった意味もある。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

leapfrog 「馬跳び」「(軍隊の)交互前進」 (ハインライン「宇宙の戦士」) [注意したい単語・意外な意味]

前回取り上げた frogmarch 「後ろ手に縛って連行する」からの連想で、leapfrog という単語について書いてみたい。字面通りだと「かえる跳び」という感じだが、そう考えていいだろうか。

続きを読む


タグ:翻訳・誤訳
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

frogmarch 「後ろ手に縛って引っ立てる」 (カズオ・イシグロ 「日の名残り」)  [読書と英語]

ノーベル賞授賞をきっかけに再読した日系イギリス人作家カズオ・イシグロの代表作 The Remains of the Day (邦題「日の名残り」)から今回も単語を拾ってみたい。frogmarch という言葉が出てきたが、人間について使われていて、「カエルの行進」ではありえない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

high and mighty 「傲慢な」「威張った」 (カズオ・イシグロ 「日の名残り」) [読書と英語]

ノーベル賞受賞をきっかけに、日系イギリス人作家カズオ・イシグロの代表作 The Remains of the Day (邦題「日の名残り」)を再読したことについて前回書いたが、今回目にとまった high and mighty という表現を取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び
前の20件 | -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...