So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
前の20件 | -

パソコン以外にも使う control alt delete 「リセットする」「なかったことにする」「始末する」 [辞書に載っていない表現]

トランプ次期大統領の関連で先日取り上げた alt-right 「オルタナ右翼」とはまったく関係ないが、連想したのが control alt delete という表現である。PCを使っている人にはおなじみの操作だが、これを比喩的に使った例を見たことがあり、文脈からもすぐに意味が想像できた。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

alt-right 「オルタナ右翼」とトランプ新政権 [アメリカ政治]

トランプ氏が予想外の支持を集め、さらには次期大統領に選ばれるに及んで動向が注目されているのが alt-right と呼ばれる差別主義的な新右翼だ。先ごろ発表されたオックスフォード辞典の「今年の言葉」選定の候補にもなった(最終的に1位にはならなかったが)。alt は alternative の略である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

lap dog 「他人にへつらう人」「おべっか使い」「腰巾着」 (トランプをマスコミは監視できるか) [アメリカ政治]

ヒラリー・クリントンと wonk という単語の関係について先日取り上げたが、そこで引用したコラムニストが書いた別の記事に、トランプ次期政権に対するマスメディアの役割について watchdog lapdog を対照的に使っていたくだりがあった。おもしろいと思ったのでメモしておこう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

wonk 「仕事の虫」「まじめ人間」「オタク」 (続・大統領になれなかったヒラリー) [アメリカ政治]

ヒラリー・クリントンについての英文記事を読んでいると、時おり wonk という単語を見ることがある。ドナルド・トランプにはあてはまりそうになく、彼が大統領に就任してもまずお目にかかれないだろうから、これが最後の機会と取り上げてみたい。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

A first name will suffice. 「ファーストネームだけでOK」 (大統領になれなかったヒラリー) [アメリカ政治]

Hillary Rodham Clinton は自分のふだんの名乗り方を何度か変えている。夫ビルとの結婚後もずっと「ヒラリー・ロダム」と旧姓のままで通していたが、ある時からこれに「クリントン」をつけるようになった。その後、今度は旧姓を抜いて「ヒラリー・クリントン」を使うようになった。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

"Love Trumps Hate" ~トランプ氏と動詞の trump [アメリカ政治]

英語では cards となるゲームの「トランプ」は trump から来たのではないかと思うが、こちらは「切り札」「奥の手(を出して勝つ)」、さらに「やっつける」という意味がある。綴りが同じなのでドナルド・トランプ氏にひっかけて使われることがあるのもうなずける。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

papier-mache Trump head 「トランプの張りぼて人形」 (反トランプのデモ広がる) [ラテン語・外来語]

大統領選挙のあと、アメリカ各地でトランプ当選に反対するデモが起きている。こうした抗議行動によく登場するのが、非難する相手をかたどった人形で、それを燃やしたりして気勢を上げる。英文記事では papier-mâché とか effigy という単語で表現されることが多い。後者は以前取り上げたことがあるので、前者について書いてみよう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

call 「(結果を)予測する」「判定する」 (”まさか”のトランプ当選) [アメリカ政治]

勤め先の学生アルバイト君の口調を借りれば「まじっすか?」と私もマジで言いたくなったアメリカ大統領選挙の結果である。トランプ候補の勝利を報じる米メディアも、客観性をかなぐり捨てて stunning とか shocking といった形容詞を躍らせていた。今年の国際ニュースでは Brexit に続く“番狂わせ“というべきだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

白熱電球 incandescent light bulb (イベント会場の火事で子どもが死亡) [日本のニュース]

この週末、東京・神宮外苑のイベントで展示物が燃え、5歳の子どもが亡くなるといういたましい出来事があった。危険物に注意するはずの会場でなぜ火事が起きたのか不思議だったが、その後、大学生が白熱電球を投光器として使っていたと報じられ、「やはりこういうことが起きてしまったか」と思った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

likely voter 「実際に投票する可能性の高い人」 (アメリカ大統領選挙いよいよ投票) [辞書に載っていない表現]

「史上最低」というと語弊があるなら、少なくとも「異例ずくめ」だった今年のアメリカ大統領選挙がいよいよ投開票を迎える。先日に続く関連語の落穂拾いとして likely voter registered voter を最後に取り上げて、結果を待つことにしたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

takeaway 「覚えておきたいポイント」「学ぶべき教訓」 [辞書に載っていない表現]

“史上最低“ともいわれるアメリカ大統領選挙の投票日がいよいよ迫ってきた。少し前に、選挙戦を素材に単語や表現を立て続けに取り上げたが、書こうと思って実例をメモしていた takeaway が放ったらかしになっていたのに気づいたので、落穂拾いとしたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

lack of oversight 「監督不行き届き」 (「欅坂46」のナチス風衣装で秋元康氏が謝罪) [日本のニュース]

このところ仕事疲れでじっくり英語に取り組む時間も気力もない。それでも「欅坂46がナチスの軍服に似た衣装を着て海外からも非難を浴びた」という軟派系のニュースには興味をそそられ、ウェブの記事をいくつか読んでみた。そうしたら英語についてちょっとおもしろく感じたことがあったので、メモしておきたい。

続きを読む


タグ:音楽
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Stop whining! 「泣き言をいうな!」 (トランプ候補をオバマ大統領が一喝」 [アメリカ政治]

「選挙戦で不正が行われている」と主張しているトランプ候補が、3回目の討論会で選挙結果を受け入れるか明言しなかったことについて先日取り上げたが、その後トランプ氏は「自分が勝ったら受け入れる」と述べ、またまた騒ぎのネタを提供している。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

keep in suspense 「気をもませる」「じりじりさせる」 (トランプ、選挙結果を受け入れるか明言せず) [アメリカ政治]

アメリカ大統領選挙の第3回ディベートは、日本では祝日にあたった前回と違って平日の日中、サラリーマンの私はリアルタイムで見ることはできなかったが、トランプ候補は来月の選挙での結果を受け入れるかどうか明言を拒み、またもや物議を醸しているようだ。

続きを読む


タグ:トランプ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

level-headed 「良識のある」「冷静な」 (ボブ・ディランのノーベル賞授賞に賛否の声) [音楽と英語]

今年のノーベル賞文学賞がボブ・ディランに決まったと聞いた時、へえっと思ったが、それ以上に深くは考えなかった。村上春樹と同じく毎年のように下馬評にあがっていると聞いていたし、1960年代の反戦運動や公民権運動で愛唱された彼の歌を、今の時代に重ね合わせたのだろうと想像した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

double down 「リスク覚悟で取り組む」「賭けに出る」 [辞書に載っていない表現]

先日に続いて、アメリカ大統領選挙の討論会についてのコメント記事から取り上げよう。double down は手持ちの辞書には載っておらず、英語圏のオンライン辞書でも記述がないものが目立ったので、比較的新しい表現なのかもしれない。トランプのブラックジャックに由来し、「強気に出る」「力を入れる」といった意味になる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

add insult to injury 「傷に塩を塗る」「追いうちをかける」「踏んだり蹴ったり」 (泥仕合と化したアメリカ大統領選) [アメリカ政治]

きのうは祝日だったので、自宅でアメリカ大統領選挙の第2回テレビ討論をインターネットラジオのライブで聞いた。本来なら候補者が政策論争を交わし有権者に訴える一騎打ちの場のはずだが、もう完全にショーと化してしまったなと感じた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ドナルド・トランプは元ミス・ユニバースを「ミス子豚」と呼んだのか [英語文化のトリビア]

アメリカ大統領選挙の候補者による第1回のディベートは、終わった直後こそどちらが優勢だったかメディアやネット調査によって見方が分れていたが、何日か経ってみると、「ヒラリー・クリントンが勝った」という論調が目立っているようである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

birther 「オバマ大統領はアメリカ生まれではないと主張する人」 [辞書に載っていない表現]

先日のエントリで、ヒラリー・クリントンが重大な健康不安を隠していると主張する陰謀論者が healther と呼ばれているらしいことに触れたが、連想したのがオバマ大統領について使われる birther である。「オバマ氏は実はアメリカ生まれではないので大統領になる要件を満たさない」と考える人びとを指す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

diplomatic illness 「仮病」 (ヒラリー・クリントンの健康問題・続き) [辞書に載っていない表現]

diplomatic は「外交の」と覚えただけでは不十分で、「駆け引きがうまい」「そつのない」「外交辞令の」「微妙なニュアンスのある」といった意味もある要注意単語だが、このところ取り上げているヒラリー・クリントンの体調不良についての記事に diplomatic illness という言葉が出てきた。要は「仮病」を婉曲的に表現したものである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の20件 | -