So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
前の20件 | -

wobble 「ふらつく」「よろめく」 (太陽系に最も近い地球型惑星を発見) [ニュースと英語]

太陽系に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリに、地球型の惑星があることが確認された。文系の私だが、宇宙関係の話題は興味があるのでこれまで何度か取り上げており、今回もこのニュースの記事から wobble という単語を学ぶことにしよう。科学ネタなら難しい言葉かと思われるかもしれないが、後述するように日常生活でも便利に使えそうなのだ。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ドナルド・トランプと pivot 「方針転換」「変節」 [ニュースと英語]

pivot は「軸」「回転する」を意味する単語だが、アメリカ大統領選挙のドナルド・トランプ候補にからんで最近よく使われているようだ。このところネットで見たトランプ氏関連の記事の大半で目にしたとの感もあるので、取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

boon or bane 「ありがたいもの・やっかいなもの」 [単語・表現]

オリンピックの「種別」を意味する discipline を先日取り上げた際、紹介した実例の中で boon 「恩恵」と bane 「悩みの種、命取り」が対にして使われていたのがおもしろいと書いた。この2つの単語を一緒に使っている例が他にもないか調べたら、予想通り見つかった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

discipline 「(オリンピックなどの)競技、種別」 [辞書に載っていない表現]

暑い日が続いて頭が働かず、リオ五輪の熱い闘いをテレビで観る毎日を送っている。しかし怠惰なままでは英語力も退化してしまうので、オリンピックを題材にちょっと勉強してみよう。取り上げるのは discipline だが、おなじみの「規律」「しつけ」「罰」とはまた違った意味があるのがおもしろい。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

First Gentleman? First Husband? ~ヒラリーが大統領になったらビル・クリントンは何と呼ばれるのか [ニュースと英語]

アメリカ初の女性大統領候補に指名され、その時点で”歴史を作った”といえるヒラリー・クリントン氏だが、ちょっと変化球の話題を取り上げたい。もし彼女が初の女性大統領に選ばれたら、夫であり元大統領であるビル・クリントン氏はどう呼べばいいのだろうか。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

3つ以上にも使う cross between ~ 「~を兼ね備えたもの」 [文法・語法]

私(以前)の世代は「between は2つの場合に使い、3つ以上だと among」と丸暗記させられた人が多いのではないだろうか。先日も取り上げたスパイものノンフィクション A Spy Among Friends に、cross between 「~をかけあわせたもの」のあとに単語が4つ並ぶ文が出てきた。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

jet black 「漆黒の、黒々とした」 [単語・表現]

先日同様、スパイものノンフィクション A Spy Among Friends から取り上げたい。jet black は文脈から「真っ黒(な)」という意味だろうと想像できたが、なぜ jet にこんな意味が、と思って調べたら、おなじみの「ジェット(噴射)」とは語源が違うことがわかった。

続きを読む


タグ:ビートルズ
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

imbroglio 「混乱、ごたごた」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [ニュースと英語]

先日同様、トランプ夫人のスピーチ盗作騒動を報じる記事で目にした単語について書きたい。imbroglio はスペリングや発音がおもしろいので取り上げたいと思ったのだが、「(出来事の)もつれ、紛糾」「(劇や小説の)複雑な筋」といった訳語が辞書に載っている。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

crib 「パクる」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [ニュースと英語]

お騒がせ候補のトランプ氏だが、次は夫人の番ということか、共和党大会で行ったスピーチに盗作疑惑が持ち上がり、その後スタッフが責任を認めた。それを伝える記事に「カンニングペーパー」 crib sheet で覚えた crib が使われていて、反射的に「パクる」という俗っぽい日本語が頭に浮かんだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

potshot 「狙い撃ち」「乱射」「言いたい放題」 [単語・表現]

先日取り上げたスパイものノンフィクション A Spy Among Friends から、目にとまった単語をもうひとつ紹介したい。potshot は「近距離からの狙い撃ち」「手当たり次第の射撃」「思いつきの批評」といった、いくつかの訳語が辞書に載っている。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「賞」ではない award (国際仲裁裁判所、南シナ海での中国の主張を認めず) [注意したい単語・意外な意味]

award には「賞(を授与する)」のほか、「賠償金の額(を言い渡す)」という意味がある。それは知っていたが、ハーグの仲裁裁判所が南シナ海での中国の権益を認めなかったというニュースを読んでいたら、この単語が出てきた。「そうか、損害賠償だけでなく仲裁裁判にも使えるんだ」と、自分の不明を恥じた。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

feel stung 「心がズキズキする」 (参院選で与党が大勝) [ニュースと英語]

今回の参院選の結果を伝えるニュースを見ていたら、海外の反応として、「”多くの有権者の目には民主党政権の失敗が今も焼き付いている”とニューヨーク・タイムズは報じている」と伝えていた。「目に焼き付いている」の部分は原文ではどうなっているのか、興味を持った。

続きを読む


タグ:日本の政治
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

The penny dropped. 「やっとわかった」「合点がいく」 [単語・表現]

先日同様、イギリスの諜報機関 MI6 に潜んでいた大物スパイ、キム・フィルビーについてのノンフィクション A Spy Among Friends から取り上げよう。The penny (has) dropped. は、この貨幣単位から想像がつくようにイギリスで使われる表現である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

elder-brother figure 「兄のような存在」 [単語・表現]

英語には「兄」「弟」を指す単一の言葉がない。日本と違って年齢を気にしない文化・社会だという指摘もよく聞く。確かにそうした特徴があるだろうが、ペーパーバックを読んでいたら elder-brother figure という表現が出てきて、おもしろいと思った。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ブログを始めて10年 [このブログについて]

先日 with an asterisk を取り上げた際、私が英語学習を始めた40年前のラジオ講座「NHK続基礎英語」についてちょっと書いたが、このブログも今月で開始以来ちょうど10年が経った。英語とつきあってきた期間の4分の1を占めることになる。

続きを読む


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

イギリスが “国連脱退” !? (Foxニュースが Brexit で誤報) [ニュースと英語]

「イギリスのEU離脱」にはあっと驚いた。事前の世論調査はどうあれ、最終的には Brexit 賛成が過半数を占めることなどあるまい、と思い込んでいたので、なおさらだ。門外漢の私が言えるのはそれに尽きるので、ここではアメリカのテレビ局Foxニュースがやらかした、あっと驚く間違いをサイドストーリーとして紹介しよう。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

with an asterisk 「ただし書きがつく」 (イチローが通算安打記録) [辞書に載っていない表現]

海外で最近相次いでニュースになった日本人として、先日は舛添知事について書いたが、もうひとりはもちろんイチローである。ピート・ローズの記録を抜いたといっても、土俵の違う日米での安打の合計だ、とクギを刺すトーンがアメリカのメディアには感じられた。インタビューでのイチローも、そのへんを意識してかクールな印象を受けた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

"sekoi" 「せこい」が英語に? (舛添知事が辞任) [和英表現]

先週は日本人のニュースが英語メディアでも相次いで取り上げられた。東京都知事とイチローだが、このうち舛添氏については、「せこい」という批判の声がそのまま sekoi として伝えられたと日本の記事で読み、これはおもしろそうだと調べてみた。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

blandish 「おだてて丸め込む」 [単語・表現]

日本人なので L と R がどこかでつながっているらしく、ペーパーバックで blandish を目にしたら brandish 「(ナイフなどを)振り回す」を連想してしまった。blandish には「~におべっかを使う」「甘言で丸め込む」などの訳語が辞書に並んでいる。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

kinks and knots 「こんがらがった状態」「コリと痛み」 [単語・表現]

この kinks and knots は少し前に読んだペーパーバックで目にしたものだが、定型表現とまではいえないようで記載している辞書は見当たらなかった。しかし k- で始まる似たような単語を並べるためか、この形で使っている例がインターネットでいくつもヒットした。

続きを読む


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の20件 | -