So-net無料ブログ作成
検索選択
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村← 参加中です
前の20件 | -

birther 「オバマ大統領はアメリカ生まれではないと主張する人」 [辞書に載っていない表現]

先日のエントリで、ヒラリー・クリントンが重大な健康不安を隠していると主張する陰謀論者が healther と呼ばれているらしいことに触れたが、連想したのがオバマ大統領について使われる birther である。「オバマ氏は実はアメリカ生まれではないので大統領になる要件を満たさない」と考える人びとを指す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

diplomatic illness 「仮病」 (ヒラリー・クリントンの健康問題・続き) [辞書に載っていない表現]

diplomatic は「外交の」と覚えただけでは不十分で、「駆け引きがうまい」「そつのない」「外交辞令の」「微妙なニュアンスのある」といった意味もある要注意単語だが、このところ取り上げているヒラリー・クリントンの体調不良についての記事に diplomatic illness という言葉が出てきた。要は「仮病」を婉曲的に表現したものである。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

work like a demon 「鬼のように働く」 (続・ビル・クリントンがヒラリー援護) [和英表現]

ビル・クリントンが妻ヒラリーの健康問題について語った際の言い間違いをCBSが意図的に編集していたという話題を先日取り上げたが、インタビューの中で元大統領は妻を work like a demon という表現で形容していた。反射的に「鬼のように働く」という日本語が頭に浮かんだ。

続きを読む


タグ:クリントン
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ビル・クリントンのヒラリー援護インタビューをCBSが意図的編集? [ニュースと英語]

先日に続いて今回もヒラリーの体調不良問題を取り上げたい。夫で元大統領のビル・クリントンが「妻の健康に問題はない」とインタビューに答えた。ところがCBSは放送の際、ヒラリーに不利な印象を与えると受け取れるような言い間違いを編集でカットしていたことがわかり、一部のメディアで取り沙汰されている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

buckle 「ひざがガクッと崩れる」 (続・ヒラリー・クリントンに健康不安説) [ニュースと英語]

911式典を体調不良で中座したヒラリー・クリントンについて先日書いたが、こうした記事で目についたもうひとつの単語が buckle である。「バックル」と日本語にもなっているが、「留め金(で締める)」のほか、「熱や力で曲がる」、さらに「ひざや脚の力が抜けて折れ曲がる」ことも表す。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ヒラリー・クリントン倒れる~ walking pneumonia とは [ニュースと英語]

ヒラリーが体調不良で911式典を途中退席した。日本のメディアの多くは「健康問題が浮上」という形で取り上げているようだ。確かにその通りなのだが、アメリカの報道をウェブで読むと、これとあわせて対応のまずさを指摘する記事も見られた。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

吸い込まれそうで怖かったナイアガラの滝 [英語文化のトリビア]

お騒がせ映像監督のマイケル・ムーアが書いた「それでもドナルド・トランプが勝つ5つの理由」という記事を先日紹介した。この中に、テーマとなっているアメリカ大統領選挙とは全然関係ないが、「おおっ」と思った記述があったので、まったくの余談としてメモしておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

それでもトランプが勝つこれだけの理由 ~ mojo 「他人をひきつける魔法のパワー」 [ニュースと英語]

アメリカ大統領選挙についてウェブをいろいろ見ていたら、お騒がせ映像作家のマイケル・ムーアが "5 reasons why Trump will win" という記事を書いていた。ユーモラスな語り口だが、もちろんムーアは反トランプ派だから、「トランプが絶対に勝つ5つの理由」というのは反語的な危機感の表明になっている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

convivial 「陽気な」「浮かれた」「お祭り好きの」 [単語・表現]

一度見聞きしただけなのに何故かすぐに使えるようになった英単語が(ごくまれに)ある一方で、何度目にして辞書を引いても一向に覚えられない相性の悪い言葉が(しょっちゅう)ある。後者のひとつが convivial だ。またもや実例にペーパーバックで触れて「またか」とため息をついたので、書き留めておきたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

wobble 「ふらつく」「よろめく」 (太陽系に最も近い地球型惑星を発見) [ニュースと英語]

太陽系に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリに、地球型の惑星があることが確認された。文系の私だが、宇宙関係の話題は興味があるのでこれまで何度か取り上げており、今回もこのニュースの記事から wobble という単語を学ぶことにしよう。科学ネタなら難しい言葉かと思われるかもしれないが、後述するように日常生活でも便利に使えそうなのだ。

続きを読む


タグ:科学・技術
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ドナルド・トランプと pivot 「方針転換」「変節」 [ニュースと英語]

pivot は「軸」「回転する」を意味する単語だが、アメリカ大統領選挙のドナルド・トランプ候補にからんで最近よく使われているようだ。このところネットで見たトランプ氏関連の記事の大半で目にしたとの感もあるので、取り上げてみたい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

boon or bane 「ありがたいもの・やっかいなもの」 [単語・表現]

オリンピックの「種別」を意味する discipline を先日取り上げた際、紹介した実例の中で boon 「恩恵」と bane 「悩みの種、命取り」が対にして使われていたのがおもしろいと書いた。この2つの単語を一緒に使っている例が他にもないか調べたら、予想通り見つかった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

discipline 「(オリンピックなどの)競技、種別」 [辞書に載っていない表現]

暑い日が続いて頭が働かず、リオ五輪の熱い闘いをテレビで観る毎日を送っている。しかし怠惰なままでは英語力も退化してしまうので、オリンピックを題材にちょっと勉強してみよう。取り上げるのは discipline だが、おなじみの「規律」「しつけ」「罰」とはまた違った意味があるのがおもしろい。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

First Gentleman? First Husband? ~ヒラリーが大統領になったらビル・クリントンは何と呼ばれるのか [ニュースと英語]

アメリカ初の女性大統領候補に指名され、その時点で”歴史を作った”といえるヒラリー・クリントン氏だが、ちょっと変化球の話題を取り上げたい。もし彼女が初の女性大統領に選ばれたら、夫であり元大統領であるビル・クリントン氏はどう呼べばいいのだろうか。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

3つ以上にも使う cross between ~ 「~を兼ね備えたもの」 [文法・語法]

私(以前)の世代は「between は2つの場合に使い、3つ以上だと among」と丸暗記させられた人が多いのではないだろうか。先日も取り上げたスパイものノンフィクション A Spy Among Friends に、cross between 「~をかけあわせたもの」のあとに単語が4つ並ぶ文が出てきた。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

jet black 「漆黒の、黒々とした」 [単語・表現]

先日同様、スパイものノンフィクション A Spy Among Friends から取り上げたい。jet black は文脈から「真っ黒(な)」という意味だろうと想像できたが、なぜ jet にこんな意味が、と思って調べたら、おなじみの「ジェット(噴射)」とは語源が違うことがわかった。

続きを読む


タグ:ビートルズ
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

imbroglio 「混乱、ごたごた」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [ニュースと英語]

先日同様、トランプ夫人のスピーチ盗作騒動を報じる記事で目にした単語について書きたい。imbroglio はスペリングや発音がおもしろいので取り上げたいと思ったのだが、「(出来事の)もつれ、紛糾」「(劇や小説の)複雑な筋」といった訳語が辞書に載っている。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

crib 「パクる」 (トランプ夫人のスピーチ盗作騒ぎ) [ニュースと英語]

お騒がせ候補のトランプ氏だが、次は夫人の番ということか、共和党大会で行ったスピーチに盗作疑惑が持ち上がり、その後スタッフが責任を認めた。それを伝える記事に「カンニングペーパー」 crib sheet で覚えた crib が使われていて、反射的に「パクる」という俗っぽい日本語が頭に浮かんだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

potshot 「狙い撃ち」「乱射」「言いたい放題」 [単語・表現]

先日取り上げたスパイものノンフィクション A Spy Among Friends から、目にとまった単語をもうひとつ紹介したい。potshot は「近距離からの狙い撃ち」「手当たり次第の射撃」「思いつきの批評」といった、いくつかの訳語が辞書に載っている。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

「賞」ではない award (国際仲裁裁判所、南シナ海での中国の主張を認めず) [注意したい単語・意外な意味]

award には「賞(を授与する)」のほか、「賠償金の額(を言い渡す)」という意味がある。それは知っていたが、ハーグの仲裁裁判所が南シナ海での中国の権益を認めなかったというニュースを読んでいたら、この単語が出てきた。「そうか、損害賠償だけでなく仲裁裁判にも使えるんだ」と、自分の不明を恥じた。

続きを読む


タグ:国際問題
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の20件 | -